口臭ってスメハラ? 強烈なニオイ|誰も傷つかず解決Q

コラム

「セクハラ」「パワハラ」など、最近 ”ハラスメント” という言葉をよく耳にします。そんな中で注目度が上げってきているのが「スメハラ」です。従来個人の問題として扱われてきた ”スメハラ(スメルハラスメント)” ですが、近年は企業としてその問題解決に努めている会社も少なくはありません。それほどこの”スメハラ”に悩む社員が多いと言えます。しかしその一方で、ニオイの指摘はとても難しいですよね。特に「口臭」では、「口臭をなんとかしてください」なんて、言えませんよね。ではどのように伝えるのがベストなんでしょうか。どうしても我慢できないあと人の口臭をを解決しましょう!

スメルハラスメントとは?

 

スメルハラスメント(以下スメハラ)とは主に職場先や企業等で問題になっている、ニオイによって周囲に迷惑を掛ける行為です。ニオイともあって、なかなか本人に伝えるのが難しいですが、感覚的な迷惑行為であるため我慢するのも難しいです。一日中、または席替えをするまでそのニオイに耐えながら仕事をするのはこんなんであり、会社へ行くのも、お昼休憩から戻るのも苦痛になっている人はいると思います。しかし、本人に自覚症状がある訳でもなく、解決がとても難しいです。

 

そもそも、なぜ人は自分のニオイには鈍感なのでしょうか。それは人間の嗅覚は「順応」しやすいからです。人間は普段嗅いだことの無い「ニオイ」を危険と認識し、素早く対応しやすいように、日常的に嗅いでいるニオイを危険では無いと認識し、すぐに慣れる傾向があります。その例として、とても強い口臭を発している本人は気づかなかったり、他人の家のニオイに強く反応してしまったりすることなどが挙げられます。故意ではなく、無意識に発しているニオイであっても、強烈なニオイならば少なくとも他人に不快感を与えていると思います。エチケットのためにも、また、相手に臭いと思われないためにも、セルフチェックなど定期的にやっていくべきだと思います。

 

代表的なスメハラの種類

 

ワキガによる「スメハラ」

ワキからでる汗が時に強烈なニオイを放つワキガも「スメハラ」の一つです。生まれ持った体質とも言われていますが、その独特なニオイが気になり、仕事の生産効率が低下する場合があります。ワキガの原因のアポクリン腺はストレス・お酒・タバコ・肥満・偏食などが原因で活発に働き、ニオイが強くなる場合があります。専門のクリームなどを塗ってニオイを抑えることもできますが、それでも効かない人は手術が必要になることもあります。

 

足の裏のニオイによる「スメハラ」

足の裏から放つニオイが時に強く気になったことがある人も多いと思いますが、そんな足の裏のニオイも「スメハラ」の一つです。足の裏のニオイは汗などが原因で繁殖した菌が、ニオイ物質を作り出すことによってニオイが強くなると言われています。職場で靴を脱ぐ人や、サンダルに履き替える人がいると思いますが、足と顔の距離が離れていても人間の「順応」機能によって自分では気づかない場合が多いです。常に危機感を持ち、時間おきに靴下を変えるなど対処していきましょう。

 

加齢臭による「スメハラ」

別名「オヤジ臭」とも言われ、50代半ば以降から主に男性に発生する加齢臭も「スメハラ」の一つです。年齢とともに強くなるそのニオイは若手社員や女性に特に嫌われるニオイとも言えます。皮脂成分が参加されることで発生すると言われていますが、皮脂をこまめに拭き取ることで改善できます。瞬時にニオイをなんとかしたい場合は消臭スプレーを使うと良いでしょう。

 

香水による「スメハラ」

人工的なニオイで自分が良かれと思って付けていても、時にそれは他人を不快にする場合があります。これは、香水のみならず柔軟剤もその対象と言えるでしょう。ニオイは人の好みが分かれます。そのため、たとえ自分が好きなニオイだとしても他人からしたら香害に成り得ます。つい「順応」のせいで付けすぎてしまう人も多いと思いますが、他人の気持ちも察しながら付けましょう。

 

体臭による「スメハラ」

人は誰しも体臭を持っていますが、その程度によってはスメハラに成り得ます。体臭の原因は様々ですが、人を不快にさせるほどの強烈に体臭になってくると間違えなく職場では多くの人が困るでしょう。周りの目を見ながら、自分が強烈な体臭を発していないか気をつけましょう。

 

口臭による「スメハラ」

スメハラの代表とも言える口臭ですが、職場ではもちろんのこと、営業中は人と一対一で話す機会が多いので気をつけている人も多いと思います。口臭の原因は様々ですが、そのニオイは強ければ強いほど感じやすいニオイとも言えます。

 

 


上記で述べたようにスメハラは口臭以外にはいくつかあります。どれもニオイに関係しており、デリケートな問題ですよね。人に直接言うにはその人を傷つけてしまうかもしれません。そもそも、いつも口臭の強い人はなぜ口臭が強いのでしょうか?もしかしたら、日々の観察により他人でも原因が分かるかもしれません!

 

なぜ口臭になるのか、その対策は?

 

まず初めに口臭には主に3つの種類、【生理的口臭・飲食物・嗜好品による口臭・病的口臭】があります。

 

(1) 生理的口臭

起床時、ストレス、空腹時、加齢、薬剤の摂取、口呼吸、緊張時、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる口臭です。一時的なものなので、すぐに治すことが可能です。

 

(2) 飲食物・嗜好品による口臭

ネギ、ニラ、ニンニクなどの食品や脂肪分の多い食べ物、カレーなどの刺激物、アルコールやタバコ、ニンニクエキスが含まれた栄養ドリンク剤などの摂取後に起こる口臭です。飲食物・嗜好品による口臭は、原因となるニオイ物質の摂取方法を変えたり、摂取を控えたりすることで改善することができます。

 

(3) 病的口臭

歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、義歯の清掃不良によって鼻や喉などの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患になってしまい、それが原因で引き起こされる口臭です。病的口臭は病気の原因を治療することで治すことができるので、まずは病院へ行き医師の診断を受けることが解決の一歩です!

 

※気になる他人の口臭の原因も上記の3つの中にあります。特定してみましょう。また、口臭の改善方法として…

 

1.口腔内の乾燥を防ぐ

口腔内の乾燥は、口腔内の細菌を増殖してしまいます。そのため水分補給を小まめにしたり、口腔内の保湿剤を薬局等で手に入れるなどをして乾燥を防ぎましょう。

 

2.ニオイ物質の摂取を控える

ニンニクやお酒、タバコなどのニオイ物質はそのもの自体のニオイが強いため、体内に摂取した後も、ニオイは潜伏し続けます。そのため、摂取量を減らしたり、摂取をしなくなるだけで口臭を抑えることができます。ニオイ物質への執着心が強い方が控えるのは難しいと思うので、摂取量を変えるところから始めてみましょう!

 

3.歯磨きをする

歯磨きは即効性もあり、口臭対策としてはとても効果的です。しかし、皆さんは朝昼晩3回は必要最低限として行なっていますか?また、一回の歯磨きに15分費やしているでしょうか?歯磨きは一瞬表面だけやればいいという訳ではありません。丁寧にやることに意味があるんです。ゴシゴシやらずにゆっくり丁寧にやりましょう。

 

4.病院へ行く

近年口臭外来というものが導入されているなど、「口臭」という問題は人々を悩ましていることが分かります。口臭の原因が何なのかわからない人は一度病院へ行ってみるといいと思います。実は自分が気にしすぎているだけかもしれません!

 

口臭によるスメハラ 職場でできる6つの対処法とは

 

学校や職場、公共の施設など様々な場所で他人のニオイと出くわす場面が多いです。その中で、他人のニオイに悩まされている人は全体の約6割にものぼると言われ、およそ二人に一人はニオイに悩まされているのです。親しい友人、家族ならまだしも、これからも付き合っていく同僚、縦社会の厳しい上司など言いにくい相手も多くいると思います。そんな中、我々と同じ悩みを抱えていた人たちは、一体どのような方法でニオイを解決していったのか、いくつか解決法を見ていきましょう。

 

(1) 上手に何気なく伝える

(2) 体調を気遣うふりをして伝える

(3) スメハラの相談をするふりをして遠回しに伝える

(4) さりげなく口臭改善グッツを進める

(5) 苦情や禁止事項として伝える

(6) 会社の規則として定め本人が気づくように促す

(7) ハラスメント相談窓口を活用する

 

(1) 上手に何気なく伝える

「いい香りの男性は素敵だと思うしモテると思います!」とさりげなく良いニオイのするグッツや口臭対策グッツをを勧める

 

(2) 体調を気遣うふりをして伝える             

「最近忙しいみたいだけど、体調をしっかり整えないと口臭とか強くなるらしいよ」とアドバイスをする

「昨日ニンニクとか食べた?やっぱり次の日とかニオイ気になるよね」と遠回しにアピールする

 

(3) スメハラの相談をするふりをして遠回しに伝える

架空の人物を挙げて「ここがにおう人がいてねー」と話題にして、自分が当てはまるんじゃないかと心配してもらうようにする

架空の人物や被害を例に挙げ、〇〇の口臭がきついんだけど、どうやって伝えたら良いか、自分だったらどうするのかを聞いて、自分が当てはまるのではないかと心配してもらう

 

(4) さりげなく口臭改善グッツを進める

「お茶飲みますか?」「〇〇さんもガム食べますか?」と何気なく聞く

共同の洗面所などにマウスウォッシュなどを置いていく

 

(5) 苦情や禁止事項として伝える

外部やお客様から〇〇さんの口臭が強いとクレームを受けたと伝える

 

(6) 会社の規則として定め本人が気づくように促す

会社や組織全体でスメハラに協力的になり、「スメハラセミナー」などを定例化する

ニオイに関する「アンケート」などを取り、それぞれに渡す(匿名で一人一人が訴えやすくする)

※一人一人にスメハラの危機感を持ってもらう

 

(7) ハラスメント相談窓口を活用する

例え会社や労働組合に相談窓口が無くても総合労働相談コーナーなど外部にも相談窓口は存在するのでそこに相談する

会社内に設置されている場合は、相手を傷つけないためにも一対一で伝える、しっかりと秘密を守ることに配慮する

 

まとめ

いかがでしたか?口臭によるスメハラに悩んでいる人は、すぐに実践できる解決策を実行して見てください。ただ、確かにニオイは伝えるのが難しい話題の一つです。上司から直接言ってもらうのが、誰も傷つかず円満に解決できるかもしれませんね。私は、個人的に一人一人に危機感を持ってもらうこと、自分も「スメハラ」の原因になっているかもしれないという自覚を持ってもらうことが大切だと思いました。そのため、アンケートなどはとても効果的なのではないでしょうか?少しでもみなさんの解決の助けになればと思います。

コメント