食べるだけで口臭対策!?酵素の効果、おすすめサプリとは

コラム

酵素について、聞いたことがある方は少なくないと思います。酵素はダイエットや健康のために使える、と一時期話題になったこともありました。

しかし、実際のところ、酵素はどんなもので、どんな役割をするか、詳しい方は多くないと思います。酵素には私たちにさまざまなメリットを与えてくれます。今回の記事を通して、酵素の良さや、口臭対策としても使えることを知っていただけたら幸いです!

酵素とは?

 

酵素は生物が生きるために不可欠なものです。 酵素はタンパク質から主にできています。そもそも、人や生き物が生まれながらに持っている酵素をを内部酵素といい、体外にある酵素を外部酵素と言います。

体内にある酵素には、消化酵素と代謝酵素の2種類があり、消化酵素は食物から食物酵素として摂り入れることができますが、代謝酵素は外部から摂り入れることはできないと考えられています。

 

体内酵素だけでも、5000種類以上あり、消化・吸収・食物の輸送・代謝・排泄などの生命活動の全てに関わっています。酵素は、脳、筋肉、内臓、血液などにあり、生命活動を支えています。

そのため、酵素が足りなくなると、体に悪影響が出てしまい、生命活動に支障をきたしたり、酵素が無くなると、それとともに生命活動も終わりを迎えます。

 

このように、生き物は、酵素が無いと生きていけず、逆に沢山の酵素が体にバランス良くある状況で活発に生活を送れるといっても過言ではないでしょう。

 

酵素の働きとは?

酵素は以下の3つに分類されると考えられます。

 

1 食物酵素

加熱処理をされていない、生の食品の中にあり、体の消化作用をサポートする存在です。
食物酵素を摂取することで、消化酵素の使用量を節約できます。

 

2 消化酵素

消化酵素は、食べたものの消化・吸収の役割を担います。

 

3 代謝酵素

代謝酵素は、呼吸などの運動を支える機能があり、食事により吸収した栄養を細部にまで届ける役割があります。

 

酵素を使って口臭を解消できる?

では本題に入っていきましょう。酵素を使って、口臭対策はできるのでしょうか?

まず初めに酵素不足がどうして口臭をもたらすかについて考えていきましょう!

 

なぜ、酵素不足が口臭を引き起こすのか

1.消化不良

酵素は摂取した食べ物を効率よく吸収してエネルギー消費させる物質であり、生きていくために大切なものとなっています。

しかし、生活習慣が乱れていると酵素は不足しやすくなるのです。酵素が不足すると活性酸素の除去が間に合わなくなってしまうため、口臭を引き起こすと言われています。

 

また、免疫が低下すると全身が衰えてしまいますし、消化器機能が上手く働かなくなるため、口臭が悪化してしまうこともあります。そのために、まずは生活習慣を見直していきましょう。

 

2.悪玉菌

腸内には、とても多くの菌が生息しており、 その中には悪玉菌と善玉菌があるといわれています。それらの例としては、大腸菌に代表される悪玉菌や、乳酸菌に代表される善玉菌です。

悪玉菌に分類される菌は、有毒ガスを放出し、それが血液中に溶け込んで肺に達してしまいます。このようにして、有毒ガスが口臭として嫌な臭いを出す場合があるのです。

さらにこれらの有毒ガスは口臭として口から出るだけでなく、皮膚からも体臭として嫌な臭いを出すことになります。

 

また、悪玉菌は、腸内に蓄積されて、消化されていない宿便などの腐敗物を食べます。それらを餌にしてどんどんと悪玉菌が広がっていってしまいます。

 

3.便秘

便秘は酵素不足によっても引き起こされてしまいます。便秘になったら口臭が強くなったという経験のある人もいると思います。便秘と口臭は関連があります。

 

便秘によって体の中に便が長くとどまっている場合、時間と共に有害物質を作り出してしまいます。この有害物質が臭いの原因になり、便が長く体内にとどまることで臭いの原因となる物質が血液にも流れ出てしまいます。

さらに臭いを含む有害物質は皮膚や呼気から体外へと排出されますし、口臭や体臭の原因に繋がると考えられています。

 

どうやって酵素が役に立つのか

酵素を摂りいれると、腸内の悪玉菌を撃退することができると考えられています。悪玉菌がいなくなることで、有毒ガスを生じることが無くなり、口臭や体臭を元から絶つことができると考えられています。

 

酵素を積極的に摂取するための方法は色々なものがあります。色々な方法で酵素を摂取して、口臭をなくしていきましょう。

 

酵素不足が引き起こす悪影響

 

酵素は上記に挙げたように、生活においてなくてはならない存在です。このような酵素が不足した場合、どのような悪影響があるのでしょうか?以下で解説していきます。

 

活性酸素が残る

酵素には体内で発生して活性酸素を除去する働きがあります。そのため健康的に生活したい場合は酵素をしっかり摂取することが大切です。

普段から加工食品やファストフードばかり食べている場合、酵素が不足してさまざまな症状が出てしまいます。

 

新陳代謝が下がったり、免疫力が落ちてしまいいますし、ターンオーバーの乱れや血行不良、基礎代謝の低下などが起きてしまうということです。

また、消化酵素が不足すると内臓にも影響が出てしまいますし、胃もたれが起こりやすくなると考えられています。

 

免疫低下

酵素は健康的に生きていくために必要な物質であり、不足しないように注意する必要があります。最近では酵素による健康法なども注目を集めていますが、酵素が不足することで免疫力が低下してしまうという問題も上げられます。

 

免疫力が低下するといろいろな病気にかかりやすくなります。生の食材や発酵食品をあまり摂取しない人や脂っこいものが好きな人、加工食品が好きな人などは体内の酵素が不足しやすくなると考えられます。

代謝酵素にはウイルスや体に入ってきた異物と戦う働きがあるため、代謝酵素が不足することで免疫力が低下してしまます。

 

代謝低下

代謝酵素が不足すると体の代謝機能も低下してしまいますし、体温が下がりやすくなります。体温が低下すると体内酵素の働きが悪くなるため、さらに酵素が働かなくなって免疫力の低下に繋がってしまいます。

体内酵素は食生活だけではなく、加齢やストレス、喫煙、飲酒によっても減少してしまいます。

 

酵素を摂取する方法

 

では、どのようにしたら酵素を摂取することができるのでしょうか? 酵素は様々なものに含まれています。摂取方法も踏まえて、一緒に見ていきましょう!

 

生野菜

酵素は普通に生野菜を食べるだけでも摂取することができます。さらに効率よく酵素を摂取したいという場合には、すりおろすと良いです。

 

野菜や果物をそのまま食べても細胞の外にある酵素を摂取することはできますが、細胞内にある酵素についてはなかなか摂取することができません。

 

しかし、すりおろすことで細胞膜が破壊され、細胞内にある酵素も摂取することができるようになります。また、すりおろすことで消化もしやすくなりますし、胃腸にかける負担を少なくできるという利点があります。

多くの野菜から酵素を摂取することができますが、おすすめは大根です。大根はすりおろすことで酵素の働きが上がり、病気の原因となる活性酸素を除去するのに必要な物質なども豊富に含まれています。

 

果物

口臭対策には、果物の酵素が効果的だと考えられています。まずは果物です。

食後のスイーツとしても用意がされている場合も多いと思いますが、その中でも「酵素」を持つものが良いです。

具体的には、パイナップルやキウイフルーツ、パパイヤ、イチジクなどの果物が効果的だと考えられています。

 

これらの果物が口臭に効果がある理由は、たんぱく質分解酵素が含まれているからと考えられています。この酵素が、口臭の原因である硫黄成分を含むたんぱく質を分解してくれます。

食後の口臭を防ぐためには、これらの果物を、舌の上で転がすようにして食べるとよいです。舌がピリピリするようなら、やりすぎです。その際には、舌の粘膜や細胞も壊されてしまいます。

 

コツ

酵素は、炒める、煮る、蒸すなどの70度以上の加熱調理を行なってしまうと、失活してしまうということです。 酵素は加熱調理をしてしまうと摂取することができないとなると、酵素を摂取するには、生のまま食べられる食材を探さないといけません。

酵素を摂るのは難しいのかと考える人もいるかもしれませんが、酵素は多くの食材に入っていますので、あまり難しく考える必要はないです。

 

魚はお刺身にして食べれば良く、野菜や果物はサラダやジュースにして摂取すれば良いでしょう。

 

酵素は色々な食材に入っているため、同じものばかりを食べる必要がなく、食べ飽きるということも無いでしょう。

 

また、酵素はお酒に入っているものもありますが、お酒はアルコールが入っているためアルコール分解酵素を使います。酵素を摂取する目的ではあまり向いていないでしょう。

 

睡眠

睡眠にはふたつの大きな目的が存在します。

ひとつは、代謝作業の時間帯になるということです。そしてもうひとつは、酵素の生産時間になるということが挙げられます。

人は一日の生活リズムのなかで、夜から早朝にかけてまでを吸収と代謝の時間にあてています。代謝とは、全身のすべての臓器、骨格などの点検、修理、補修、そして不要なもの、古くなったものを改善したり、新しいものと入れ替える作業です。

この作業は体の中で、睡眠をとっている時間帯、つまり夜間におこなわれます。

 

さらにもうひとつ重要なことが夜間におこなわれています。それは酵素の大量生産です。

人は翌日の消化や代謝に備え、夜の時間帯に必要な酵素を生産します。

つまり、夜間に寝ないで起きているということは、生命活動をするうえでもっとも重要な代謝と酵素生産というふたつの作業を滞らせてしまいます。

 

よく噛んで食べる

よく噛むことで、唾液と一緒にアミラーゼという消化酵素が分泌され、ご飯などに含まれるでんぷんを消化吸収し分解をしやすくしてくれます。食べ物を細かく噛むほど消化しやすくなるので、噛むことで、胃腸の負担を減らすとともに、元気に活動するために必要な栄養素を十分に吸収できます。

よく噛むためには、以下の方法があるのでぜひ実践してみてください。

 

噛む回数を5回増やす

一口の噛む回数をいきなり30回に増やすのは大変なので、まずは5回から増やしてみましょう。慣れてきたら少しずつ増やしていくことをおすすめします。

 

一口の量を減らして時間をかけて食べる

一口で噛む回数は量によって変わらないという研究結果があります。つまり、ひと口で食べられる量を減らせば、噛む回数を増やせると考えられます。

 

噛みごたえのある料理を食べる

柔らかい食感のものはすぐ飲み込めるので、噛む回数が少なくなってしまいます。 食物繊維の豊富な食品やナッツ類、コンニャクなどの食事を選ぶとよいでしょう。調理で野菜や肉を硬めに仕上げるのも効果があると考えられています。

 

お箸を置く回数を増やす

かき込んで食べてしまうような癖があると、ゆっくりと食事をとるのが難しいです。 一口食べたら、お箸を置くという動作を食事に取り入れると、早食い予防に繋がります。

 

バランスの良い食事をする

酵素は肉類と同じようにタンパク質の一種です。肉や豆類から摂取されたタンパク質は、体の中でアミノ酸という小さい分子に分解されて、もう一度タンパク質に再結合します。

もちろん、腸内環境のことを考えると、肉類を控え、野菜や果物などの食物繊維を多くとったほうがいいのは事実ですが偏りすぎるのも問題といえるでしょう。

 

発酵食品を摂る

発酵食品は酵素の働きを促進し、増やしてくれます。発酵食品といっても味噌や、納豆、ヨーグルト、キムチなど沢山挙げられます。

腸の長さが長い日本人は植物性の発酵食品が体に合っているそうです。

 

腸内環境をよくする

腸内には沢山の種類の腸内細菌がいます。その腸内細菌と腸が協力し合って酵素を作り出しています。腸の働きも、腸内細菌の活発さも、やはり腸内環境が重要となってくるでしょう。栄養素などを吸収するのもすべて腸の役割だといわれています。

 

これで安心!オススメ酵素サプリ3選!

酵素不足の対処としては上記のことに加えて、酵素サプリを使用する方法もあります。オススメの酵素サプリをご紹介していきます!

 

幸せラボ 巡りこうじ

17種の穀物麹と酵素を利用していて、生酵素です。巡りこうじの酵素は活きてる酵素として第三者機関でも確認されていて、現代人に不足しがちな栄養素、ビタミン・ミネラルも配合されています。

 

万田酵素 GINGER

54種類の植物性原材料を使用し、果実の皮や種までまるごと発酵・熟成させた万田酵素シリーズで、日本国内を中心に選び抜かれた熟した果実、穀物、海の藻類、野菜類を3年3ヵ月以上もの間発酵・熟成させていて、ショウガの風味がきいた酵素です。

 

麹とコンブチャの生酵素

こうじ酵素、コンブチャ、生酵素、酪酸菌、乳酸菌入りの生酵素サプリです。48℃以上の熱をかけない低温カプセル製法で、ダイエット中に不足しがちな栄養素、ビタミン・ミネラルも配合されています。

 

酵素不足チェックリスト

 

以下のチェックリストに一つでも当てはまる場合は、酵素不足である可能性があります。

 

1.太りやすくなった

2.やる気がでない

3.冷え、あるいはむくみが気になる

4.疲れやすい

5.便秘がち、下痢気味である

6.肌荒れやくすみが気になる

 

最後に

皆さんは酵素の恩恵を受けて生活できていますでしょうか?酵素は私たちに多くの利点を与えてくれます。酵素を意識して摂取することで、口臭の対策にもつながります。口臭が気になる方も、健康でいたい方も是非挑戦してみてください!

 

コメント