bg
HOME » コラム » スマホ依存は口臭にも?スマホによる身体影響の数々とは!

スマホ依存は口臭にも?スマホによる身体影響の数々とは!

スマホは皆さん使う機会が増えてきたと思います。しかし長時間使用することで身体に影響を及ぼしてしまう可能性も考えられています。どのような悪影響があるかを知ることで防げることもあります。以下では、スマホ依存によりどのような影響があるのか、防ぐためにはどうすればよいか、説明していきます。

目次

スマホを使うことでの身体影響
 口臭チェック方法
 口臭を緩和するセルフケア

スマートフォン症候群チェック

スマートフォン症候群を治すには

最後に

スマホを使うことでの身体影響

皆さんはスマホを使う機会が多くある方が多いと思います。しかし、スマホを使うことは身体に対して大きな影響を引き起こします。以下ではどのような問題があるかをご紹介していきます。

眼精疲労、ドライアイ

眼精疲労は、睡眠を取っても目のかすみや痛みが治らない状態を指します。ドライアイは涙の量が減るなどして、目の表面に傷が生じる病気です。

これらは、スマホの画面を見るときに、自然と瞬きの回数が減り、目の乾いた状態が続いて疲労してしまうことが原因です。

スマホ肘

テニス肘やゴルフ肘と似たような、腕のしびれや肘の痛みを生じます。これは肘が曲がった状態で固まり、神経障害が起こったものと言われています。

スマホ巻き肩

スマホの使用で体が丸まり、頭を前に出すような形、つまり猫背になってしまい、肩が内側に丸まった状態のこと。肩こりの原因になる他、放置すると片頭痛や目のかすみなどが出る場合も。

VDT症候群

長時間ディスプレイ装置を見続けたり,キーボードを用いてデータ入力作業を行なったりすることによる症状を指します。

具体例としては、目が乾く,視力が低下することや、肩凝り、手指のしびれだけでなく、精神的ないらいら,不安,睡眠障害などの症状が出ます。

うつ症状

頭痛やめまい、全身のだるさや食欲不振、不眠などの症状を引き起こされ、その結果として、精神的にも悪影響がでて、うつ症状を招くことがあると考えられてます。

頭痛等の原因は、自律神経が集中する首がうつむくことで圧迫されるため、副交感神経の働きを阻害してしまうからです。

テキスト・サム損傷

小指を端末の下に置いて落とさないようにする持ち方を長期的に行うと小指が変形する症状です。

小指が変形して第1関節と第2関節の間がへこんだようになってしまい、その状態でこの持ち方を続けると痛みを伴います。

ドケルバン腱鞘炎

ドケルバン病とは、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の腱鞘炎のことで、親指の付け根や手首の親指側に発症し、親指を動かしたり手首を曲げたりしたときに、該当箇所が痛んだりする症状があり、結果として指が腫れたり動かせなくなったりする可能性もあります。

別名、スマホ腱鞘炎とも呼ばれ、原因で多いのはスマホの使いすぎで、片手で長時間、特に親指を酷使するような使い方をしている方は注意が必要です。

スマホの操作によって負担がかかっているそうで、もし上記動作で痛みが伴う場合は重症化する前に医師の診断を受ける事をオススメします。

ストレートネック

女性を中心に増えているのがストレートネックです。これは、首が真っすぐになってしまう症状です。ストレートネックは頭が首よりも前に出るため、首や背中の筋肉によって負担がかかり、慢性的な肩こり、首のこりに悩まされやすくなります。

ストレートネックでは、頭部や重心線が背骨の前に突き出してしまうため、頭の重みが、より首や背中の筋肉にかかってしまいます。

これにより慢性的な首の痛みや肩こり、頭痛などが起こり、ひどくなると、吐き気やめまい、耳鳴り、上腕のしびれなどを引き起こします。

上記で挙げたスマホ使用による肩こりも、このストレートネックが原因かもしれません。

また、顎が出て、頸椎が逆カーブしてしまうと重症と言われています。

ストレートネックになっても痛みなどがでない無症状である場合もあります。

しかし、この状態が続いてしまうと気づいた時にはすでに重症となっている場合もあり、注意していくべきです。

スマホなどの使い過ぎによるストレートネックの治療は、整形外科では消炎鎮痛剤などの外用薬やアイシング、リハビリなどの対処療法がメインとなります。

基本的に手術は行えないので完治することは難しいといえます。

ファントム・バイブレーション・シンドローム

ファントム・バイブレーション・シンドロームとは、振動していない携帯電話が、振動しているように思える錯覚のことを指します。

携帯電話をポケットなど体に触れる場所に入れて持ち歩いていると、携帯電話が振動したように感じ、手にとってみると、着信が無いような状態です。

特にメッセージ系やSNS系アプリを多用している人に多く見られるそうで、スマホの通知に神経質になっていると起こりやすいと考えられています。

睡眠障害

睡眠前のスマホを使うことはできるだけ控えましょう。なぜならば、スマホから出るブルーライトは、眠気を誘うメラトニンの分泌を乱れさせると考えられているからです。

入眠を妨げるので、就寝の2時間前にはスマホに触れることをやめるとよいでしょう。

目への悪影響

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、体に大きな負担をかけます。

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目の疲れや痛みといった、直接的なダメージを眼球に与えます。

スマホなどの端末から出るブルーライトを長時間、毎日見ていると、目への影響はかなりの確率で出るといいます。

厚生労働省のガイドラインでは、1時間のデジタルディスプレイ機器作業を行ったときには、15分程度の休憩をとることが勧められています。

脳への悪影響

スマートフォンが発する電磁波について強く注意が必要です。理由としてはここで発される電磁波は特に人間の脳に悪影響を及ぼす危険性がある可能性が高いからです。

携帯電話などのコードレス電話を5年以上頻繁に使用した人は、脳腫瘍になる確率が上がり、10年以上頻繁に使用した人では更に高まるという研究も発表されています。

スマホ顔

うつむき加減姿勢で画面を見続けることで、頬や顎のラインがたるむのがスマホ顔です。顎は年齢サインが出やすい場所ですから、一気に老け顔になってしまうかもしれません。

体重増加

特に夜間のスマホ使用に注意です。スマホやコンピュータが発する光に含まれるブルーライトを浴びると、脳が活性化、睡眠ホルモンが減少し、代わりに食欲増進ホルモンが増加すると言われています。

つまり、それほどエネルギーが必要のない時間帯にもかかわらず食欲が増進してしまい、体重増加につながる可能性があるのです。

スマホ型口臭

スマホを長時間していると、体を動かさずに画面を見つめているため、過緊張状態になってしまい、その状態では交感神経優位を招き、唾液の分泌量が少なくなってしまいます。

一般的にスマートフォンを使用する際、唾液腺を圧迫するうつむき加減の姿勢や顔の筋肉を動かさないことによる咀嚼筋のこわばり、スマートフォンの画面に集中することで続く緊張状態などの条件により、唾液の分泌が減少し、口臭が発生しやすくなると考えられています。

また、スマホ使用時に特徴的なうつむいた姿勢は、のどにある唾液腺を圧迫し唾液を出にくくさせてしまいます。さらに唾液が出にくいため、口内を掃除する役割を担うものがなくなってしまい、舌に残った食べかすを目当てとする口臭発生菌が増殖します。唾液が出ないと口臭はさらにきつくなります。

スマホをするときに下を向いてしまっている人は、目線までスマホを持ち上げ、唾液の分泌を促しましょう。

においが人に与える影響

人間の五感のうち臭いだけ、好きか嫌いで記憶します。そのため、少しでも気に入らない臭いの場合、相手の印象が臭い、嫌いな雰囲気だった、ということにもなりかねません。においはその人の大きな印象づけの一つといっても過言ではありません。そのため、しっかりと意識して、ケアする必要があります。

口臭チェック方法

ここで、自分の口臭が臭っているのか分からない方のために、口臭チェック方法を伝授します。簡単に確認できるので、ぜひお試しください。

他人がどんな風に臭いを感じるか調べるには、唾液が乾いてから嗅ぐのがポイントです。

1枚のティッシュを使った口臭チェック方法

まずはティッシュを4回折り畳んで、小さな座布団のような形にします。そして折り畳んだティッシュを使って、舌を上から下に5回なぞりましょう。後は2分待って深呼吸してからティッシュを嗅ぐことで、自分の口臭がどんな臭いか分かるとのこと。

舌の色を見るという方法

舌は健康な状態ならピンク色に見えるはずですが、口の中で細菌が繁殖すると表面がうっすらと白い苔状の“舌苔”で覆われることがあります。

あなたの舌は白いですか?その舌の白さの原因はこの舌苔です。舌苔は、舌に苔ができていることを指します。舌の上で、食事カスなどに細菌が繁殖した結果、生成されます。苔の色は、初段階は白色が主ですが、煙草を吸うことや口が不衛生である場合、黄ばんだ色になることがあります。舌苔は口臭を引き起こすだけでなく、慢性化すると、強い口臭、常に口が苦く感じる、舌が乾く、舌が痛む、などの症状の原因となってしまいます。

唇等の様子を見る

ドライマウスの時には、唇が荒れたり、口の中がねばついたり、食べ物の味が分かりにくくなったりします。この際には唾液の分泌が少なくなっているので、口臭の可能性があります。

唾液でチェックする

 

唾液が「すっぱい」と感じるときは、口の中が歯垢や食べカスが残っています。

唾液が「苦い」と感じるときは、口臭の原因となるVSCが口腔内に溜まっている可能性があります。唾液の味がいつもと違うときは、口臭が強くなっている可能性があるので、口をすすいだりするとよいでしょう。

手を舐めてチェック

片方の手の甲を舐めます。30秒ほど待ってから、舐めていない方の手の甲の匂いを嗅いでみます。次に舐めた方の手の甲の匂いを嗅ぎ、両者を比べます。

ポリ袋でチェック

小さめのポリ袋を2つ用意します。片方の袋には空気を入れます。もう一方の袋の空気をぬき、袋の中に息を吐きます。吹き込んだ息が抜けないようにして持ち、30秒ほど待ちます。空気入りの袋の中をまず嗅ぎ、次に息を吹き込んだ袋の中の匂いを嗅いで比べます。

口臭測定器でチェックする

家庭向けに市販されている「口臭チェッカー」は1500円~4500円程度。利用方法が簡単で、携帯に便利です。3種類のガスの区別なく、5段階程度で結果を表します。

口臭を緩和するセルフケア

舌の体操

スマートフォンやパソコンを長時間使うときは、唾液腺をほぐすための簡単なストレッチをするとよいでしょう。

舌を出して引っ込めるを10回繰り返す

左右の口の端を舌でタッチするのを8回繰り返す

舌でくちびるを8周、ゆっくりとなめる

口の中で舌をぐるりと回す(各10回)

舌を大きく出してぐるりと回す(各10回)

うがいをする

以上の運動をすることで唾液の分泌も多くなります。継続することによって、舌が強くなり普段の唾液の分泌も多くなります。

舌苔をなくす

口臭を抑えるには、舌の上にある菌のかたまりである、舌苔を取り除くことが大事です。舌苔ブラシやガーゼを使って舌みがきをすることや、スプーンで舌の表面を軽く拭うことで舌苔を減らすことができます。歯ブラシや舌ブラシでゴシゴシこすると舌が傷つく恐れがあるため、泡タイプのハミガキを使うのがおすすめです。泡はきめ細かいほどよごれを吸着しやすい性質があります。

パイナップルを食べる

パイナップルにはタンパク質を分解する酵素が含まれています。舌の表面についたタンパク質である舌苔を分解してくれるため、除去する助けをしてくれます。

水を飲む

唾液の量は体内の水分量と関連があります。体内が水分不足になると、唾液の量も減少します。体内の水分量を保つためにも、適度な水分補給が重要となってきます。水には利尿作用がないので、作用のある緑茶やコーヒーなどはできるかぎり避けましょう。

スマートフォン症候群チェック

・スマホやパソコン使用で肩こりや首こりを感じる。

・1日1時間以上スマホを利用する。

・目が疲れやすい。

・首を後ろに倒すと痛みがある。

・猫背である。

・頭痛持ちだ。

・肩が上がらない。

・寝るときは枕元においていないと不安

・食事中もスマホが欠かせない

・トイレにスマホは必ず持っていく

・入浴中もスマホで動画などを見る

・人と接していてもスマホを操作する

・運転中もいつでも見れる体制にしている

・スマホが近くにないと不安

・人のスマホがなっても自分のスマホを探してしまう

・SNSが気になって仕方がない

上記のチェックに多く当てはまった場合は気づかないうちに、スマホ口臭がしているかもしれません。

スマートフォン症候群を治すには

口臭にも気を付けていきたいですが、スマートフォン症候群にならないためにはどんなことに気を付ければよいでしょうか。スマートフォン症候群を治すことで、結果として口臭も治すことにもつながります。

機種選びのポイント

機種を選ぶ際は、自分の手のサイズに合ったものを選ぶとよいでしょう。大き過ぎるスマホは、親指を不自然な形で動かしてしまう場合や、ホールドするのに余分な力がかかってることもあります。

使用する時間

パソコンやタブレットなども同じですが、連続して長時間使わないように心掛けましょう。30分以上使ったら一度小休憩をはさみ、ストレッチなどするのも良いでしょう 普段の心がけで改善できます。

使用する姿勢や環境

机などの前でスマホの保持が楽にできる形にし、うつむき加減にならないよう使用するのがおすすめです。

パソコンとスマホはともに手や肩などへの負担が大きく、スマホ症候群の増加につながっている可能性があります。猫背にならないよう、デスク周りの環境を整備するとより良いでしょう。

たとえば、座る時は、足をしっかりと床につけてイスに深く腰掛け、太ももが床と平行で膝が90度になるようにイスの高さを調節するなどが効果的です。

最後に

以上がスマホ依存症の影響や対策です。チェックリストでも分かるようにスマホ依存症の方も多いのではないでしょうか?私自身もスマホ依存症であり、普段は気にしていませんが口臭があるのかもしれないと改めた感じる機会になりました。以上の項目をチェックし、スマホと上手に付き合っていきましょう!