bg
HOME » 便臭

胃・歯・ストレス・タバコ…口臭の種類は原因による!

気になる口臭を予防・改善するためには、口臭の原因にコミットすることが大切です。まずは、どういった種類の原因があるかを知り、もし自分に当てはまる事柄があれば、病院に行くなり、対策を講じるなり、積極的に行動されてはいかがでしょうか?

口臭の原因の種類:歯周病

歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれますが、歯周病がひどくなると、膿(うみ)が出てきます。それによって口臭がきつくなり、強烈な悪臭を発することがあります。

歯周病には、2種類のニオイ物質がありますが、「メチルメルカプタン」は、歯と歯の間に溜まる歯垢(プラーク)が要因です。腐った玉ねぎのようなニオイが特徴的です。

もう1つは、「硫化水素」です。唾液や食べカスを分解する時に発生しますが、こちらは腐ったタマゴのようなニオイになります。いずれにしても、歯周病は口臭の中で最もニオイが強いと言われています。

口臭の原因の種類:腸の不調

腸内環境が悪化し、腸内に悪玉菌が増えると、異常発酵したガスや有毒物質が血液に混ざります。そんな汚れた血液が全身を巡り、肺に運ばれると、息に混ざって体外へ放出されます。それによって、口内から悪臭が発せられるのですが、腸の不調による口臭は、便臭、あるいは、ガスのようなニオイがするのが特徴的です。

口臭だけでなく、毛穴などからも発せられるため、体臭としても現れることが多いです。身体全体から嫌なニオイがする場合は、腸内環境の悪化を疑ってみるべきでしょう。

口臭の原因の種類:胃の不調

胃の不調や疾患もまた、口臭と深い関係があります。

口臭が発生する胃の不調として、まず「消化不良」が挙げられます。消化不良を起こすと、胃の中で消化しきれずに溜まった食物が異常発酵し、ニオイ物質が発生します。それが血液中に取り込まれて、全身に運ばれ、肺まで来ると呼吸として発せられてしまうのです。

「胃炎」・「胃下垂」・「胃潰瘍」などを患っていても、胃の働きが低下しているため、消化不良を起こし、同様の結果になりやすいです。胃の不調による口臭は、タマゴが腐ったようなニオイ・たくあんのようなニオイがすると言われます。

また、「逆流性食道炎」は、胃酸の逆流によって起こりますが、喉や口の中にまで胃酸が上がってきます。そのため、酸っぱい刺激臭が、口臭となることがあります。

口臭の原因の種類:ストレス

ストレスで口臭がきつくなる要因として、2つのことが考えられます。

1つめは、ストレスや過度の緊張を感じると、自律神経の働きにより、唾液の分泌が減少します。そのため、口の中がカラカラに乾いたり、ネバネバになったりします。唾液には口内の細菌の繁殖を抑える働きがあるため、いわゆるドライマウスになると、口腔にたくさんの雑菌が繁殖し、口臭も強くなってしまうのです。

2つめは、ストレスによって、胃の調子が悪くなる場合です。胃腸は精神的な影響を受けやすい臓器のため、強いストレスを感じると、胃がキリキリと痛くなったり、ムカムカしたりします。あるいは、下痢や便秘になったりします。胃の機能の低下は、消化不良を、腸の機能の低下は、腸内環境の悪化を引き起こすため、どちらも悪臭成分が発生し、血液に取り込まれ、それが肺を通じて息に混じり、嫌なニオイを発します。

口臭の原因の種類にあわせたサプリで改善!

口臭のさまざまな原因を見てきましたが、いかがだったでしょう。病的な口臭の場合は、病院や医院などで治療をすることが得策ですが、日頃のケアの向上によっても改善されるものがあります。たとえば、歯周病が原因の口臭であれば、正しい歯磨き法を習得したり、デンタルフロスなどを使用したりすることです。生活習慣で改善できるものは、どんどん新しい習慣として取り入れるべきでしょう。

ストレスによる口臭であれば、日頃からストレスを溜めないよう、気分転換の工夫をしたり、音楽や呼吸法などでリラックしたりする習慣を身につけることも役立つかもしれません。あるいは、口臭の対処法として、サプリメントを上手に利用することも功を奏するでしょう。

たとえば、歯周病が原因の口臭の場合、抗菌作用の強いサプリなどは、口臭や口腔内の細菌の繁殖を抑えてくれる働きがあります。そのため、歯周病や虫歯になりにくくなり、口臭も弱まります。即効性のあるものを服用すれば、人と会う機会などにも便利で、すぐに効果が感じられるかもしれません。

あるいは、胃の不調による口臭の場合、胃の中で発生した悪臭ニオイ成分を消臭したり、無臭化してくれるサプリもあります。血液の中に取り込まれたニオイ成分にまで消臭作用があるため、胃が原因の口臭に効果を発揮してくれるでしょう。

このように、口臭の原因の種類に合わせたサプリメントを生活に取り入れることで、口臭が改善されたり、即効性のあるもので即コミュニュケーションの場で使えたりといった喜びの声も多く聞かれます。対人コミュニュケーションにも懸念がなくなり、自分に自信が持てるようになるなら、それに越したことはないと言えるでしょう。