お泊まりデートの持ち物リスト、準備、キス前の口臭ケアとは?

口臭ケア

もうすぐ彼氏とのお泊まりだけど、どんなことに気をつければいいのか、何を持っていけばいいか分からない、という方も少なくないと思います!

もうすでに何回かお泊まりしてるけど、もしかしたら、彼に不満をいだかせてしまっているかもっと思う方もいるのではないでしょうか? 以下の記事で、彼氏が最も彼女に対して気にすると言われている、口臭ケアについてや、お泊まりの持ち物リストなどを記したので、是非確認してください!

朝の口臭の原因は?

起床直後の目覚めの口臭は「モーニングブレス」とも言われ、誰にでも起こる強い口臭として知られています。朝、起きたときの口の中のネバネバや不快感などがある場合には、何らかの口臭が発生しているかもしれません。

 

目覚めの口臭が強くなる理由は、睡眠中に唾液の分泌量が減り、菌が繁殖を繰り返して増殖します。そして、口の中に食べかすや舌の汚れが残っていると、口の中の汚れ成分を菌が分解し、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物を作るため、ニオイが強くなるのです。目覚めの口臭では、揮発性硫黄化合物のなかでも硫化水素の濃度が特に高くなることから、硫黄のようなにおいがすると考えられています。

就寝前の口臭ケア

歯磨きをする

朝の口臭がひどくなるのは、寝ている間に口の中で菌が大増殖してしまうからです。それを防ぐためには、寝る前にできるだけ口の中をきれいにするのとよいでしょう。

また、食べカスが口に残っていては、それをエサにして雑菌が増えていきます。歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシも活用して、歯と歯のすき間もきれいにしましょう。デンタルリンスで仕上げておけばさらに良いでしょう。

薬用マウスウォッシュを使用する

殺菌作用のある市販の薬用マウスウォッシュには、長時間口内の臭いや粘つきを抑える働きが期待できるでしょう。朝の口臭が気になる人は、就寝前は歯磨き・舌みがきに、最後の仕上げとして薬用マウスウォッシュを活用することをおすすめします。

水分を摂取する

就寝中に口臭がひどくなる原因に、口内の乾燥があります。寝ている間に汗をかき、水分量が減ってしまうため、臭いが悪化してしまいます。

また、アルコールの摂取に関しては、アルコールには利尿作用があり体の水分を奪う上、飲酒して体内で生成される物質が悪臭の原因となります。よって寝る前のアルコール摂取は、口臭予防をしたいのであれば、できるだけ控えましょう。

朝起きてすぐやる対策とは

朝起きた時にまずやる事があり、これが朝の口臭を消す1番のポイントになってきます。夜にしっかり対策をとっても、朝に何もしないと口臭が発生してしまう可能性はあがります。是非実践してみてください。

 

恋人よりも先に起きる

寝起きが1番においますが、時間が経てば、口の中の菌を流してくれる大事な役割を果たす唾液が多く出るので、口臭は減っていきます。つまり、唾液を出すためにも、朝は早く起きることをオススメします。

朝の歯磨き

朝は何も食べてなくても、寝ている間に臭いの原因である菌が増殖します。

念入りに磨きましょう。

マウスウォッシュと噛むブレスケア

市販でも売っているキシリトールガムや、噛むブレスケアで良く噛んむと、

唾液がでて、殺菌され口臭がドンドン軽減されます。

最後の仕上げに口臭スプレーで口臭ともバイバイです。

ガムを噛む

口臭予防としては20分以上噛み続けることが理想です。

ガムを噛むと成分による効果だけではなく唾液が発生することで口臭と虫歯を予防できます。一度に最低でも5分以上、理想は20分以上噛み続けることを目標とするとよいでしょう。長く噛むことは唾液による洗浄や臭い成分の抑制効果など、様々な相乗効果を期待できると考えられています。

口臭に効くガムの食べ方

ただ噛むだけでも効果はありますが、もう一つの方法をご紹介します。

初めに、ガムを味が無くなるまで噛みます。

次に味が無くなったガムを、舌を使って丸めます。この丸めたガムを舌の上に置き、意識しながら転がしてください。そうすると口の中に異物があるため、唾液が出始めます。

普段の口臭予防ケア

口臭の主な原因は、口の中の汚れや病気と関係しています。口臭予防の方法として、口の中を清潔に保つことが大切です。毎日のセルフケアだけでなく、歯科医師などの専門家による指導も大切でしょう。

歯磨き

睡眠中に臭いの原因である菌が増えるため、寝る前に歯を磨いて歯垢を取り、細菌を減らしましょう。また、起床直後の歯磨きも、睡眠中にたまった細菌を追い出すことができます。毎日、正しいブラッシングによって歯や口の中を清潔にすることが口臭予防につながります。

歯磨きのコツ

・歯と歯の間を磨くイメージで!

歯の表面は自然と磨けています。歯の表面ばかり磨くと歯のエナメル質が削れてしまう場合があるので、歯と歯の間や歯と歯茎の間を磨く意識で歯磨きするようにしましょう。意外と磨けていない「間」がたくさんあるはずです。

・磨くのは一方通行で!

もう磨いたところを再び磨くことがないように、基本的に一方通行で磨くようにしましょう。同じ場所を磨きすぎると、かえって歯が削れてしまったり、歯茎を傷つけてしまったり、逆効果になってしまいます。

唾液を出す

唾液の分泌が少なくなると口の中が不潔になり、口臭が発生しやすくなってしまいます。唾液は、口の中の乾燥を防ぐ効果があり、唇や舌を動したり、食事をしたり、リラックスすることで唾液の分泌量が多くなります。

規則正しい生活

強いストレスを感じるときは、睡眠中のように唾液の分泌が減ってしまいます。口の中の生理機能に関連する自律神経系の働きを整えるために、生活習慣を規則正しくし、バランスの良い食生活を送れるようにしましょう。

舌の清掃

舌苔は、死んだ細菌や新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞などからできていて、それが舌に付着していると口臭の原因になってしまいます。1日1回、起床直後に舌ブラシや軟らかい歯ブラシで舌を磨くとよいでしょう。

舌磨きのやり方

鏡をみながらする

鏡をみて、自分の舌がピンク色になったらみがくのをやめるようにしましょう。みがきすぎないことが大切です。

奥から手前にかけてみがく

ガーゼや綿棒は奥から手前に動かすようにします。それは、取り除いた舌苔やそれに含まれる最近を喉の奥や体内に極力入れないようにするためです。舌の表面のぬめり(唾液層)のみを掻き出すイメージですると、舌乳頭を痛めることから避けることができます。

専門家による指導や治療

病的な口臭は、歯周病、唾液分泌の減少、進行したむし歯などが原因となっている場合がありますので、口臭が気になったら、口臭外来や歯科医院で診てもらいましょう。また、正しい清掃方法について助言や指導をうけることも大切です。

簡単にできる口臭チェック方法

ここで、自分の口臭が臭っているのか分からない方のために、口臭チェック方法を伝授します。簡単に確認できるので、ぜひお試しください。

 

他人がどんな風に臭いを感じるか調べるには、唾液が乾いてから嗅ぐのがポイントです。

1枚のティッシュを使った口臭チェック方法

まずはティッシュを4回折り畳んで、小さな座布団のような形にします。そして折り畳んだティッシュを使って、舌を上から下に5回なぞりましょう。後は2分待って深呼吸してからティッシュを嗅ぐことで、自分の口臭がどんな臭いか分かるとのこと。

舌の色を見るという方法

舌は健康な状態ならピンク色に見えるはずですが、口の中で細菌が繁殖すると表面がうっすらと白い苔状の“舌苔”で覆われることがあります。

あなたの舌は白いですか?その舌の白さの原因はこの舌苔です。舌苔は、舌に苔ができていることを指します。舌の上で、食事カスなどに細菌が繁殖した結果、生成されます。苔の色は、初段階は白色が主ですが、煙草を吸うことや口が不衛生である場合、黄ばんだ色になることがあります。舌苔は口臭を引き起こすだけでなく、慢性化すると、強い口臭、常に口が苦く感じる、舌が乾く、舌が痛む、などの症状の原因となってしまいます。

唇等の様子を見る

ドライマウスの時には、唇が荒れたり、口の中がねばついたり、食べ物の味が分かりにくくなったりします。この際には唾液の分泌が少なくなっているので、口臭の可能性があります  

唾液でチェックする

唾液が「すっぱい」と感じるときは、口の中が歯垢や食べカスが残っています。

唾液が「苦い」と感じるときは、口臭の原因となるVSCが口腔内に溜まっている可能性があります。唾液の味がいつもと違うときは、口臭が強くなっている可能性があるので、口をすすいだりするとよいでしょう。

手を舐めてチェック

片方の手の甲を舐めます。30秒ほど待ってから、舐めていない方の手の甲の匂いを嗅いでみます。次に舐めた方の手の甲の匂いを嗅ぎ、両者を比べます。

ポリ袋でチェック

小さめのポリ袋を2つ用意します。片方の袋には空気を入れます。もう一方の袋の空気をぬき、袋の中に息を吐きます。吹き込んだ息が抜けないようにして持ち、30秒ほど待ちます。空気入りの袋の中をまず嗅ぎ、次に息を吹き込んだ袋の中の匂いを嗅いで比べます。

口臭測定器でチェックする

家庭向けに市販されている「口臭チェッカー」は1500円~4500円程度。利用方法が簡単で、携帯に便利です。3種類のガスの区別はなく、5段階程度で結果を表します。

 

当日までのお手入れ方法

口臭以外にも、お泊まりで気にするべき事柄は沢山あります。しっかりと確認しておきましょう!

爪・髪はそのままでも綺麗なように

爪も髪も日頃のケアが大切です。デートで彼に爪や髪が傷んでいると思われてはもったいないので、爪磨きをしたり、髪のトリートメントをしたり、傷んでいる髪をカットしてもらったりして、ベストな状態を保ちましょう。

服や靴の汚れ対策

普段から服のメンテナンスは欠かさないことが大切です。ニットのような毛玉の出やすい服だけでなく、靴や下着など細部まで注意して、汚れがある場合は新しい物にしたり、綺麗に洗ったりしておきましょう。

香り対策

見た目だけでなく匂いのチェックもしておきましょう。必要以上に香水の匂いがするのも嫌がる方は多いので気をつけてください。

きついニオイにならないためには、間接的に香りをつけるのがよいでしょう。良い香りの柔軟剤を使ったり、ヘアケア用品を良い匂いにしたり、良い匂いのボディクリームを使ったりするのをおすすめします。

口臭ケア

口臭で彼をがっかりさせないよう、日頃から歯磨きや、マウスウォッシュで口内を清潔にしましょう。歯や唇など、口もとがキレイだと魅力的な女性に見えるでしょう。

 

オススメ口臭ケア用品3選!

Ora2(オーラツー)ブレスファインマウススプレー

1スプレーするだけで、クリアな息や不快な気分を除去してくれます。7種類の味があるので、デート前のエチケットとして好きな味を使ってみてはいかがですか?

 

モンダミンセンシティブ  低刺激洗口液

刺激に敏感な方にオススメです。歯垢・口臭などのお口のトラブルの原因となる食べカスやミクロのよごれ、ネバネバをしっかり洗い流すだけでなくよごれの付着予防の機能もあります。

 

ガム・メディカルドロップ ハーブミント味

CPC(塩化セチルピリジニウム)配合されており、口腔内の殺菌・消毒、口臭の除去にとても効果があります。これはシュガーレスのミント味ですが同様の商品でレモン味もあるので是非試してみて下さい。

 

足の臭いケア

①角質を取り除く

まずは足の裏にある厚い角質を取り除きます。やすりや角質リムーバーで優しく角質を落としましょう。必ず乾いた状態で行いましょう。やりすぎは逆効果なので、週に1~2回程度が目安です。

足裏にたまった角質は、細菌が繁殖する原因になります。スクラブ剤を使ったり、軽石やフットファイルでこすったりして、ためないようにしましょう。

 

②足は十分に温める

洗う前にしっかりと温めることが大切です。時間がないのであれば洗面器にお湯を溜め、足をつけるのもよいでしょう。温めて湿らせることを行いましょう。

 

③石鹸で洗う

足の根本的なニオイを解決するためには雑菌を殺す必要があります。

お風呂に入る時に、殺菌効果のある石鹸を使ってしっかりと洗うと、雑菌による臭いニオイを消すことができます。普通の石鹸でも構いませんが殺菌効果のある石鹸の方がよりよいでしょう。足のニオイに悩んでいる人は、念入りに足を洗いましょう。

また、足の爪は汚れが残りやすいため手で丁寧に洗うと汚れも落ちやすくなります。

 

④水分は十分にふき取り、保湿をする

お風呂からあがったら十分に水分をふき取り、必ず保湿をしましょう。角質をとった後の足はすぐに乾燥し固くなってしまうので、クリームなどでしっかり保湿をしましょう。足裏専用の保湿クリームもあるのでお勧めです。より浸透させるためにクリームを塗って靴下を履くのもよいでしょう。

 

産毛ケア

顔を近づけたときに、口の周りにうっすらヒゲが生えていたら、アウトです。顔の産毛もしっかりと処理しておきましょう。

まずはしっかりと洗顔し、蒸しタオルで毛穴を開いて剃りやすい状態にします。次に乳液やクリームを塗って、刺激を和らげ、毛の流れに沿って剃ります。

あとはぬるま湯で軽く洗顔をして、しっかりと保湿すれば完了です。

 

スキンケア

お泊まりをするときは、すっぴんを見せる可能性も高いでしょう。すっぴんの美しさで勝負できるように、普段の生活から保湿ケアを欠かさずに行いましょう。また、睡眠不足は肌荒れの一つの原因なので、前日はしっかりと寝ておきましょう。すっぴんがキレイなら、化粧ノリも良くなります。

お泊まりの持ち物チェックリスト

事前にケアをしても、持ち物が足りなかったら、残念ですよね。このリストを使って、不足のないように準備しましょう!

 

□服

□パジャマ

□下着

□基礎化粧品

□歯ブラシ

□くし

□ヘアケア用品

□洗面用具

□シャンプー、リンス

□メイク道具

□生理用品

□常備薬

□匂いグッズ

□消臭グッズ

□ムダ毛処理グッズ

□手土産

(□眼鏡、コンタクト洗浄セット)

最後に

もうすぐお泊まり、となるとドキドキするのではないでしょうか?しっかりと事前に準備して、心穏やかに過ごしたいですね!是非、素敵な日を過ごしてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました