口臭予防のための歯磨きが逆効果!?効果的な方法を紹介!

口臭ケア

歯磨きで十分に口臭対策ができているなんて思っていませんか?

 

間違った歯磨きをしていると、逆に口臭を悪化させてしまうことがあります。

この記事では、日頃の歯磨きのやり方を見直したり、歯磨きプラスαにおすすめのグッズ・方法を書いています。

 

ぜひ日頃のケアで口臭に苦しまなくてすむようにしましょう!

 

1.歯磨きと口臭の関係

歯磨きは口内環境を整える一番メジャーな方法です。歯垢や食べかすを取り除き、細菌が増殖するのを防ぎます。口内細菌の中には、口臭の原因となるガスを発する細菌もあり、歯磨きは口内ケアの有用な手段だと言えます。しかし、やり方を間違えると、逆に口臭を悪化させてしまうことがあります。以下ではNGな歯磨きの方法と、歯磨きの正しいやり方について書きました。

 

NG(1)食後は避ける

食後すぐに歯磨きをすると、唾液を洗い流してしまったり、歯のエナメル質を削ってしまったりします。食事で分泌される唾液は、口内環境を整えるのに非常に役立ちます。唾液は口内を中性に戻したり、削れたエナメル質をコーティングし、歯垢や食べカスによって口内が細菌の温床になったりするのを防ぎます。また最近の市販の歯磨き粉は、歯磨き粉に界面活性剤や研磨剤が含まれていることがあり、使いすぎると歯のエナメル質を削ってしまったり、舌の粘膜を傷めて味覚障害や口臭の原因になったりします。したがって、食後にするべきことは、水だけで食べかすを取り除くくらいの軽いブラッシングを行い、唾液をしっかりと、口腔内や歯間、歯の付け根に行き渡らせることです。

 

NG(2)磨きすぎない

磨きすぎないことも非常に大切です。磨きすぎると、歯茎を痛めたり、唾液の分泌を悪くしてしまいます。歯茎を痛めたり、歯茎が交代して歯周ポケットができたりすると、そこから細菌が入って、口臭の原因になることがあります。

特に、もともと唾液の分泌量が少ない人や、ストレスで唾液の流れが悪い人は、無理に歯磨き粉を使って強くブラッシングする必要はありません。

 

歯磨きの正しいやり方

歯磨きをするタイミング

正しい歯のケアには正しいタイミングがあります。

 

丁寧な歯磨き(歯磨き粉あり):夜寝る前、朝起きた後

軽いブラッシング(歯磨き粉なし):各食事のあと

 

食事をしたあとに張り切って、毎回歯磨き粉を使ってゴシゴシ磨く必要はないです。寝ている間は、唾液の分泌量が減って細菌が繁殖するので、寝る前と起きた直後は、しっかり歯磨きをするようにしましょう。

 

歯磨きをするときの注意点

歯と歯の間を磨くイメージで!

歯の表面は自然と磨けています。歯の表面ばかり磨くと歯のエナメル質が削れてしまう場合があるので、歯と歯の間や歯と歯茎の間を磨く意識で歯磨きするようにしましょう。意外と磨けていない「間」がたくさんあるはずです。

 

磨くのは一方通行で!

もう磨いたところを再び磨くことがないように、基本的に一方通行で磨くようにしましょう。同じ場所を磨きすぎると、かえって歯が削れてしまったり、歯茎を傷つけてしまったり、逆効果になってしまいます。

 

磨き残しやすいところ

奥歯の奥側

一般的な歯ブラシでは磨きにくいところです。タフトブラシやY字型のデンタルフロスを用いて、磨きにくいところもブラッシングするようにしましょう。

 

利き手の犬歯

やって見るとわかりますが、歯ブラシを持つ手と同じ側の犬歯は非常に磨きにくいです。逆手を使ってみたり、もう片方の手を使ってみたり、自分に合う方法を確立しましょう。

 

奥歯の間

こちらも磨くのが難しいところですね。うまく自分の歯並びや口の大きさにあった歯磨きを見つけて、奥歯の間までブラシの先が入るようにしましょう。

 

2.歯磨き以外にするべき口内ケア

日本人のほとんどが、歯磨きしかオーラルケアをしていません。はたして歯磨きだけで、オーラルケアができていると言えるでしょうか。2015年 『オーラルプロテクトコンソーシアム』の調査によると、外国人の7割以上が日本人の口臭が臭いと感じたことがあるそうです。実際に歯磨きだけでは十分ではないです。歯磨き以外におすすめの口内ケアについて紹介します!

 

①マウスウォッシュ

マウスウォッシュは口臭予防などが目的の「洗口液」と、歯磨きの代わりとして使う「液体歯磨き」に分類されます。歯磨きに比べてかかる時間が短いので、忙しい人におすすめです。歯周病や虫歯を防ぐ殺菌効果や、歯磨きでとりきれなかった分を分解する洗浄効果や、歯に歯垢が付着しないようにコーティングする効果などがあるので、歯磨きと一緒にすると非常に効果的です。

また、アルコール分が強すぎると、逆に口内が乾燥して口臭を引き起こすことがあるので、口臭を気にしている人はノンアルコールのものを選ぶようにしましょう。

 

②デンタルフロス

デンタルフロスは、海外では歯磨きと一緒に使われるのが一般的です。歯磨きで取れなかった分の歯垢や食べかすを取り除くことができます。デンタルフロスを使うと、歯磨きだけの時より、取り除くことのできる歯垢や食べかすは3割ほど上がります。

 

③舌磨き

舌の上についている白いつぶつぶ(舌苔)が口臭の原因である可能性があります。その舌苔は、舌を優しく磨くことで、取り除くことができます。舌はデリケートな部分なので、あまりゴシゴシやったり、1日に何度も磨かないようにしましょう。磨きすぎると、味覚障害になってしまったり、舌の組織を剥がしてしまったりします。

筆者はガーゼを使って磨く方法を推奨しています。ガーゼを指につけて舌の上を2~3回こするようにしましょう。

 

舌磨きのコツややり方についてはこちらの記事に書いています。

舌磨きで口臭改善?舌磨きの正しいやり方

 

④唾液腺マッサージ

唾液腺は舌下腺(ぜっかせん)、顎下腺(がっかせん)、耳下腺(じかせん)に分けられます。その中でも舌下腺と顎下腺のマッサージが効果的なので、ご紹介します。

舌下腺は顎のとがった部分の内側のくぼみにあります。ここに両手の親指をそろえて当て、10回くらい上方向にゆっくり押し上げることで、刺激することができます。喉を押さないように気をつけましょう。

顎下腺は顎の骨の内側のやわらかい部分にあります。ここに親指を当て、耳の下から顎の下まで、3~4か所に分け、順に押していきます。

 

3.口臭対策におすすめの歯磨き粉

歯磨き粉を選ぶ時は、その効果・泡立ち度・価格で比較することをおすすめします。

 

実は歯磨き粉のほとんどは、口臭対策の効果があります。口臭対策に特化した歯磨き粉の優れているところは、幅広い口臭の原因にアプローチできるところです。ほとんどの歯磨き粉は口臭が一時的になくなるように作られたものであったり、ある特定の症状の解決向けに設計されていたりと、必ずしも口臭改善に繋がらない場合が多いです。口臭対策に特化した歯磨き粉を使うことで、口臭の原因がわからない場合にも対応することができます。

また、原因がわかっている場合は、その原因に合わせた歯磨き粉を選ぶようにするようにしましょう。例えば、原因が歯周病の場合は殺菌効果が高い歯磨き粉、歯に付着している歯垢が原因になっている時は、歯をコーティングするフッ素が含有されているものを使用します。

また、泡立ち度が良すぎると、磨いた気になっているだけで、ちゃんと歯垢や食べかすを掃除できていない可能性があります。泡立ち度は含有される発泡剤から判断することができます。なるべく低発泡のものを選ぶことで、しっかり磨くことができます。

 

以下おすすめの歯磨き粉を紹介します。

 

①コンクールジェルコートF

 

コンクールジェルコートF

口臭の原因のほとんどを解決すると言っても過言ではないくらい、口臭対策に有効な成分が詰め込まれています。殺菌能力のある塩酸クロルヘキシジンが、虫歯や歯周病を予防し、β―グリチルレチン酸は歯茎の炎症を抑えます。フッ素も含まれていて、歯をコーティングしてくれます。非常に多様な口臭対策になるので、口臭の原因がいまいちわからない人にもおすすめです。

 

②爽快なたまめ歯磨き粉(120g)

 

爽快なたまめ歯磨き粉

古くから口臭に効果があると言われているなた豆を使った歯磨き粉。他にもなた豆を使った歯磨き粉はありますが、この商品がその中でも非常に人気で、他にも口臭に効果のある成分が非常に多く含まれています。国産渋柿エキスやどくだみなど、口内洗浄効果が非常に高いです。香料や体に悪いとわれているパラペンが含有されていないので、安全性も非常に高いです。

 

③DENT. システマ SP-T ジェル

 

DENT.システマSP-Tジェル

歯周病の発症や対策のための歯磨き粉になっています。単なる対策ではなく、バイオフィルムと呼ばれる歯磨きでは取れない層の中に浸透して殺菌する効果があります。

ジェルタイプでやや重めなのと、強めのミント味なので、自分に合わないと感じた場合はすぐやめるようにしましょう。

 

④WELEDA(ヴェレダ) 歯みがき ハーブ 75ml

 

WELEDA歯みがきハーブ

世界各地で古くから口臭対策として使われている植物をふんだんに使った商品です。オーガニックな商品で、フッ素が苦手な人にもおすすめです。古来エジプトで口臭対策に使われてきた「ミルラ」やヨーロッパ原産の「カミツレ」、アンデス山脈が原産の「ラタニア」など、天然のエキスがたっぷり入っています。

 

⑤薬用ハミガキ オーラパール

 

薬用ハミガキ オーラパール

9つの有効成分が含まれており、口臭対策だけでなく歯の白さを保つにも非常に効果的な歯磨き粉です。歯周病・歯肉炎・虫歯の予防、ホワイトニング、口内環境の維持、タバコのやに除去、歯石の沈着など、驚くほど多岐にわたる効果があります。

低発泡のため、歯垢を取り除くくらい磨くことができます。

通販限定の商品で、公式サイトからだと安く手に入れることができます。

 

4.まとめ

 

✔︎食事直後に水だけでブラッシングする

✔︎歯磨き粉を使うのは寝る前と朝起きた後だけでいい

✔︎磨きすぎないのも口臭改善のカギ!!

✔︎歯磨きするときのポイントは3つ

✔︎口臭の原因解決に特化した口臭対策用歯磨きを試してみよう

 

あなたの歯磨きのやり方は正しかったでしょうか。

筆者はゴシゴシ磨く系だったのですが、食事後の歯磨きを水だけにしてみると、唾液が前よりも口の中にある感覚がして、口内が乾燥していません。水だけでもヌメヌメすることはなく、意外とすっきりします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました