bg
HOME » 口臭ケア » 舌磨きで口臭改善?舌磨きの正しいやり方

舌磨きで口臭改善?舌磨きの正しいやり方

口臭の原因は「舌苔」にある!という記事を見たことがある人も多いと思います。

口臭の原因がなんとなく舌にあるのかなとわかってきたけど、詳しくはわからないですよね。

この記事では、

「どうして『舌苔』がたくさん付着するのか。」

「舌苔はどのように処理するのがいいのか。」

など、口臭と舌の関係から、舌のケアの仕方まで幅広く網羅したので、参考にしてみてください!

目次

1.舌苔とは?
 ①舌苔ってそもそもなに?
 ②舌苔が付着する主な原因
 ③舌苔はそもそも口臭の原因なのか

2.舌のケアの仕方
 ①舌みがきはする必要あるの?
 ②舌みがきの正しい方法
 ③舌苔を取り除くために他にできること

3.まとめ

1.舌苔とは?

①舌苔ってそもそもなに?

自分の舌を鏡で見てみてください。舌の上に白い粒状のものがある人はいませんか。白い粒があるなと思った人。その白い粒こそが「舌苔」です。

舌苔とは、舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したもののことで、白いコケ状になって舌についています。舌苔に対する見解については、研究が進められて年々変わっています。この後では、舌苔に対する最新の見解についても触れるので、ぜひチェックしてみてください。

②舌苔が付着する主な原因

舌苔が付着する原因は一つではありません。様々な原因が絡み合って、舌苔が付着することが多いです。舌に、舌苔が付着する原因についてまとめてみました!

(1)口の中に食べかすが残っている

口の中がきれいに掃除できていないということです。舌苔は、食べかすや口の中ではがれた粘膜、細菌が舌の表面についたものなので、口の中にそれらが残っていると舌苔がつきやすくなります。

(2)唾液の分泌が減少している

唾液には汚れや細菌を洗い流したり、細菌が増殖するのを抑える働きがあります。唾液の分泌が減少すると、口内環境のバランスが崩れて、食べかすなどが舌に付着しやすくなります。唾液が減少する理由はたくさんありますが、ストレスや生活習慣、薬の副作用などです。

(3)口呼吸になっている

口呼吸になっていると、ドライマウスになってしまい、唾液の分泌が少なくなってしまいます。口呼吸になってしまう原因はいろいろですが、鼻づまりであることが多いです。口呼吸になってしまっているなと感じたら、鼻づまりを改善するために、鼻腔拡張テープや適時鼻をかむなど意識するのも大事ですね。

また、基本的に舌苔は舌が上あごに触れることによって落とされるので、加齢などで、あごの機能が低下していると、舌苔がつきやすくなります。

③舌苔はそもそも口臭の原因なのか

舌苔はそもそも口臭の原因なのでしょうか。新しい研究結果が出て、「舌磨きをして舌苔をとりのぞく必要はない」という記事も見るようになりました。結論からいうと、「舌苔」は口臭の原因の1つです。だけど、過度に舌苔をとりのぞこうとすると、かえって舌を傷つけてしまい、味覚障害や唾液が濁ってしまうなどの弊害を起こしてしまいます。唾液が濁ってしまうと書きましたが、舌を物理的に磨く習慣のある人の唾液は、正常な人に比べて、舌粘膜上皮がはがれ落ち白濁沈殿するなど、明らかに異常な唾液になってしまいます。

口臭の原因だけど、それを取り除くのもあんまりよくない、、では、どのように舌苔と付き合えばいいでしょうか。

2. 舌のケアの仕方では実際にどのように舌苔を取り除けばいいかを書きました。

2.舌のケアの仕方

①舌みがきはする必要あるの?

最近になって、舌磨きで舌苔を取り除くことに反対するような記事が多く出回るようになりました。本当に舌磨きはしないほうがいいのでしょうか。ある調査では、口臭が気になると答えた成人のうち40%が舌の清掃をしているという結果が出ています。

まず、舌磨きに対して反対の意見をまとめてみようと思います。

他の疾病にかかる

舌を歯ブラシ等でゴシゴシこすって磨いていると、舌苔どころか舌乳頭までゴッソリ取れてしまます。舌がヒリヒリしたり、味覚障害などが起こることがあり、過度な舌磨きは舌に悪影響を与えます。

唾液が舌にたまらなくなる

舌みがきによって舌乳頭をとってしまうと、舌の上に唾液がたまらなくなり、より舌苔が付着しやすい環境を作り出してしまいます。

唾液が濁ってしまう

同様に強く舌を磨いて舌乳頭をとってしまうと、舌乳頭の組織が唾液に混ざってしまうことがあります。唾液に舌乳頭の組織が混ざってしまうと、この濁った唾液自体が口臭の原因になることがあります。

舌みがきのデメリットを分析すると、過度な舌みがきによって、様々な弊害が起きてしまうことがわかりました。適度な舌磨きをすることであれば、口臭の原因を解決することができ、かつ他の悪い効果を出さずにすむことができます。

下の②舌みがきの正しい方法で、口臭を改善しつつ、口内環境に悪影響をもたらさないような方法を伝授します。

②舌みがきの正しい方法

(1)舌みがきの道具

最初に言っておきますが、舌みがきを歯ブラシでするのは絶対に避けるようにしましょう。舌のザラザラした突起はとても細かく、歯ブラシの毛先の方が太いので、歯ブラシでこすれば舌に逆に汚れを押しつけてしまったり、舌を傷付けてしまったりします。舌みがきが世の中に浸透した時は、歯ブラシで舌みがきをする人が多かったですが、徐々に舌みがき用の歯ブラシを使う人も増えてきたと思います。ですが、舌みがき歯ブラシを使わなくても、どこの家にもあるようなもので、舌みがきをすることができます。

その1つが「綿棒」です。綿棒はクッション性があり、繊維が細かいので、非常に効果的です。舌みがきグッズを使っても力強くゴシゴシ磨いてしまう人も多いので、実は綿棒は隠れアイテムだったりします。

もう1つが「ガーゼ」です。ガーゼも同じくクッション性が高くて繊維が細かいグッズです。15センチくらいのガーゼを水に濡らして自分の人差し指に巻きつけます。舌の後ろから前にかけて舌をなぞり、舌がピンク色になるのを目指しましょう。みがいた後はうがいをすることも大事です。

(2)舌みがきのポイント

鏡をみながらする

鏡をみて、自分の舌がピンク色になったらみがくのをやめるようにしましょう。みがきすぎないことが大切です。

奥から手前にかけてみがく

ガーゼや綿棒は奥から手前に動かすようにします。それは、取り除いた舌苔やそれに含まれる最近を喉の奥や体内に極力入れないようにするためです。舌の表面のぬめり(唾液層)のみを掻き出すイメージですると、舌乳頭を痛めることから避けることができます。

舌を思いっきり出す

舌の奥に綿棒やガーゼを突っ込むことで「オエっ」とならないように(嘔吐反射)舌は目一杯出しておくようにしましょう。鏡でも実際に見ることができるので、頑張って舌を出すようにしましょう。

多くても1日1回までにする

舌みがきは多いと良い訳ではありません。むしろ多すぎると舌乳頭ごと取り除いてしまう可能性が高いので、1日1回以上はしないようにしましょう。口臭の強さは一日の中でも変化します。食事などで唾液が出ると細菌が洗い流され、口臭は低下します。しかし、寝ているときには細菌が増えるので、最も口臭がきつくなるのは朝起きたときです。舌みがきは朝起きた後にすると、効率よく舌苔を取ることができます。

無理して1回で綺麗にしようとしない

歯磨きしても40分後は口内細菌が2倍になると言われているように、一日で舌苔をきれいにすることは難しいです。強くみがいて舌乳頭を取り除くことがないように、少しずつ舌苔を取り除いていくという意識が大事です。

舌みがきで大事なのは、焦って強くみがかないこと。適度な強さで適度な回数することがもっとも効果的です。舌苔が気になる人は、綿棒やガーゼを使って、優しく舌みがきを初めてみましょう。

③舌苔を取り除くために他にできること

舌苔が付着する原因として、「唾液が減少する」とありましたが、口内環境を整えることで、舌苔をうまく取り除くことができます。唾液の分泌を促進するための方法をまとめてみました。舌みがきと並行して、挑戦してみてください。

(1)唾液腺マッサージ

唾液腺は舌下腺(ぜっかせん)、顎下腺(がっかせん)、耳下腺(じかせん)に分けられます。その中でも舌下腺と顎下腺のマッサージが効果的なので、ご紹介します。

舌下腺は顎のとがった部分の内側のくぼみにあります。ここに両手の親指をそろえて当て、10回くらい上方向にゆっくり押し上げることで、刺激することができます。喉を押さないように気をつけましょう。

顎下腺は顎の骨の内側のやわらかい部分にあります。ここに親指を当て、耳の下から顎の下まで、3~4か所に分け、順に押していきます。

(2)唾液の分泌を促進する食材を食べる

唾液を分泌させるには、よく噛むような食べ物が効果的です。いつも食べる白米を玄米に変えてみたり、柔らかい食パンをフランスパンに変えてみたりと工夫するところはたくさんあります。私がおすすめするのは、ガムです。最近では長時間味の続くガムが開発されていますが、ガムを噛むことで唾液の分泌が促されます。また、酸味の強い食べ物を食べることも非常に効果的です。レモンや梅干しなど、酸味の強い食べ物は唾液腺を刺激してくれます。

3.まとめ

✔︎舌苔は舌の上に付く白い粒のようなもの

✔︎口内環境が悪化すると舌苔が付着する可能性が高い

✔︎「舌苔」は口臭の原因だけど、過度に取り除くのはダメ

✔︎舌みがきでは「ガーゼ」と「綿棒」を使おう!

✔︎舌みがきは焦らず適度な頻度と力ですることが大事!

✔︎他にも唾液を促進する方法にも挑戦してみましょう

口臭は過度に気にしていいことはありません。健康であっても、朝起きたときなどには生理的口臭が起こります。過度に気にして、強い力で舌磨きをするのではなく、落ち着いて自分の口臭の原因を分析し、舌苔が付着していることが自分の口臭の原因だと考えた場合には、2-② 舌みがきの正しい方法を参考に、適切な方法で舌苔を取り除くようにしましょう。

口臭とうまく付き合うことで、自分の生活を見直してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。