bg
HOME » ドブ

口臭を引き起こす2種類の成分、メチルメルカプタンとジメルサルファイドとは?

口臭はとても悩ましいものですが、案外自分では気づかないものです。他人も指摘しにくいものですから、知らずに周りに迷惑をかけているかもしれません。

口臭対策にはまず原因から抑えておきましょう。ここでは口臭を引き起こすといわれている化学物質「メチルメルカプタン」「ジメルサルファイド」など、どんなものなのか分かりやすく解説してみます。

口臭を引き起こす化学物質の種類:メチルメルカプタンは腐った玉ねぎのニオイ

口臭の原因としてはメチルメルカプタンという物質がよく知られています。特定悪臭物質としても指定されているほどの悪臭を放つもので、悪臭防止法で指定されています。

このメチルメルカプタンの匂いは「腐った玉ねぎ」「腐ったキャベツ」と同じだといわれますが、もう少しイメージ出来る例えだと「トイレ」や「生ごみ」のニオイを想像していただければ理解出来ます。

口内では様々な細菌から様々な物質が発生されています。例えば「揮発性硫黄化合物」などを発生させていますが、これは口中の病気やトラブルの原因になっています。

特に歯周病の場合はメチルメルカプタンが多く発生していることが分かっています。歯周病の原因菌がメチルメルカプタンを生成しているのです。

口臭を引き起こす化学物質の種類:ジメルサルファイドは腐ったキャベツのニオイ

メチルメルカプタンの他には「ジメルサルファイド」という物質もニオイのきついガスになります。「ジメルサルファイド」も「メチルメルカプタン」も嫌気性菌から発生するガスです。この嫌気性菌は歯周病や歯肉炎などの口腔のなかの病気やトラブルが原因で発生します。

ジメルサルファイドは良く「腐ったキャベツのニオイ」と言われます。生ごみに似た悪臭ですが、この点もメチルメルカプタンと良く似ているところです。

では、「ジメルサルファイド」と「メチルメルカプタン」の違いは何でしょうか。

メチルメルカプタンは主に歯周ポケット内など口中で発生しますが、ジメルサルファイドはタンパク質が分解した際に発生する揮発性硫黄化合物です。

タンパク質が分解した際の現象ですから、食事をした後に食べたものが分解するときにも発生します。そのため、胃や腸からもこのガスが発生するのです。

口臭の原因の種類として考えられる肝臓の病気

「ジメルサルファイド」が多く発生している時は肝臓に疾患がある場合があります。肝機能が低下していると、肝臓で分解されるべき毒素が処理されずに体内に留まってしまいます。これが原因で様々な口臭を発生させると言われています。

肝臓が原因で口臭が出ているということは、口腔内のトラブルではないので体内から発生しています。よって口腔内を清潔にするなどの対策は効きません。

肝臓の状態によって発生するガスも違いがあります。例えばアンモニアが発生している場合は肝臓の状態はかなり悪化していると言われます。

肝機能低下はお酒を大量に飲んだ時や、疲労やストレスなどで一時的におきることもあります。この場合は「どぶ」や「カビ」のようなニオイがします。アンモニア臭も強烈なレベルだと、肝臓の疾患も重症になっている可能性があります。

口臭の原因の種類に応じて飲むサプリを変える

口臭対策としては医師に頼ることがベストですが、サプリでもある程度の対策がとれます。

まずは香を出すサプリです。つまり口臭を別な良い香りで隠すサプリです。歯磨きやブラッシングと併用することでより効果が出てきます。

次に抗菌効果作用のあるサプリです。

口腔内の炎症などのトラブルを消毒抗菌することで、原因の細菌を減少させます。口腔内で炎症は細菌が起こしているので、消毒抗菌はダイレクトに効果があります。これも歯磨きやブラッシングと併用することでより効果が高くなります。

次は唾液促進サプリを説明します。

唾液の減少や唾液の質の低下が口臭に対しても影響を及ぼしています。唾液はそれ自体が抗菌効果を持っているので質の良い唾液がたえず一定量分泌していることで、口臭を未然に防ぐことになります。

唾液の質を高め、分泌を促進するものがありますので、唾液が少ない方は活用してはいかがでしょうか。

最後に説明するのが、胃腸にダイレクトに効くサプリです。このタイプであれば胃や腸に対してダイレクトに効き目を及ぼします。逆に言うとブラッシングや歯磨きなどの口腔対策では効き目がない疾患です。ニンニクやアルコールなどが原因の場合でもこのタイプのサプリは効果があります。

口臭の原因の種類としてメジャーな歯周病

口臭と言っても様々な原因から発生しています。

食物由来や、内臓の不調など、多岐にわたりますが、多くは歯周病を原因とする口臭がもっとも多いでしょう。

メチルメルカプタン由来の口臭も、歯周ポケットで菌が繁殖するケースが多いので、これも間接的には歯周病が原因とも言えます。歯周病にり患すると口腔内に悪い影響を及ぼす細菌が繁殖します。口臭の元であるガスの発生の他にも、歯肉に炎症を起こす、歯槽を破壊する、など様々な悪影響を口腔内に与えます。

口臭に関しても歯周病対策がもっとも効果がある対策と言えます。