ニキビと口臭対策は腸から?原因、予防、消し方とは

原因

皆さんのなかで、ニキビや口臭を全く気にしたことがないという方は少ないのではないでしょうか?肌があれていたり、口臭が気になっていると、人と会うのが億劫になってしまうこともあると思います。以下では、ニキビや口臭の原因や対策をご紹介していきます。ぜひご確認ください!

腸内環境が悪化するとどうなる?

 

悪玉菌が腸内で優位になると、腸の動きが阻害されることで食べたものが消化吸収されにくくなります。 そうなると、老廃物が腸内にたまりさまざまな不調が起きやすくなってしまいます。以下で悪玉菌が優位になった時の諸症状を説明していきます。

 

肌荒れ・ニキビ

腸が動かなかった結果、排出されなかった老廃物は腸内で腐敗・有毒ガスを発生させてしまいます。そして、最終的に肌から排出しようとし、老廃物が肌の角質や皮脂と結びつき、肌荒れ・ニキビ・吹き出物となります。

 

口臭・体臭・おならの悪化

善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなるとおならが出やすくなってしまいます。

悪玉菌が優勢となり、分解しきれない老廃物が腸内で腐敗すると、アンモニアなど臭いの原因となるガスが発生してしまいます。

これらのガスの成分が血液に吸収され体臭や口臭として外に現れることで、おならの臭いの原因になったりします。

 

便秘・下痢・ガス溜まり

腸の機能が低下すると、ぜんどう運動が停滞してしまうため、便秘や下痢をしやすくなります。便秘によって老廃物が腸内に溜まるとガスが発生するため、下腹部の張りやおならの原因にもなってしまいます。

 

ビタミンB群の合成が妨げられる

腸内に悪玉菌が増え、善玉菌が減る状態になると、皮膚の健康を維持するビタミンB群の合成がしっかりと行われなくなります。

そのことにより皮脂分泌を抑えられずに肌が荒れる一つの要因です。

 

免疫力低下

腸内環境の悪化は免疫力を低下させます。健全なときは防いでいた菌をブロックできなくなり、肌の調子が悪くなります。

 

活性酸素による影響

腸内環境が悪くなると、活性酸素が過剰に発してします。

活性酸素は皮膚を酸化させ、肌の細胞を古くしたり、ニキビができやすい状態にします。

 

ターンオーバーがうまくいかなくなる

腸が悪くなると新陳代謝が悪くなり、いわゆるターンオーバーの周期が乱れます。

新陳代謝の低下は治癒再生能力も悪くさせてしまいます。

 

自律神経への影響

腸内に溜まったガスによる下腹部の張りや胃もたれなどの不快感は、ストレスとなって自律神経にも影響を与えます。自律神経の乱れや気力の低下は、慢性的な便秘や下痢などの不調の連鎖も招いてしまうこともあるので要注意です。

 

口臭や体臭の悪化

悪玉菌が優勢になると、腸内で分解しきれない老廃物が腸内で腐敗するため、アンモニアなどのにおいの原因となるガスが発生します。このガスの成分は血液に吸収されて体中に運ばれるため、体臭や口臭として出てしまうのです。

 

腸内環境が悪化する原因とは?

悪玉菌が増殖したり、腸の働きが低下することによって腸内環境は悪化してしまいます。どのような状況で悪化してしまうのか見ていきましょう。

 

食生活

悪玉菌は脂肪分を好むため、肉や脂分の多い食生活を続けてしまうと、脂肪分をエサに悪玉菌が増殖してしまいます。さらにファストフードなど、保存料や添加物の多い食事にも、酸化した油脂が多く含まれているため、注意が必要です。

ストレスフルな生活

ストレスは、胃への負担だけではなく腸内環境の悪化の原因にもなります。善玉菌はストレスに弱く、ストレスを受けると減少してしまうのです。善玉菌が減ると最終的に、悪玉菌が増えてしまいます。

体の冷え

内臓が冷えて腸内の温度が低くなってしまうと、腸の一番の機能である消化吸収活動を妨げてしまいます。
また、運動不足や加齢も腸機能を低下させてしまう原因といわれています。

適度な運動によって腸の動きを促さないと、腸の活動も停滞してしまうのです。

 

腸内環境を改善するには?

腸内環境を改善することで、様々な恩恵を受けることができます。以下の項目を実践することで、改善していくことができます。ぜひ実践してみてください。

 

食物繊維

乳酸菌と合わせて摂るのがおすすめです。

過剰摂取すると下痢やミネラル不足の原因となってしまうので気をつけましょう。

 

乳酸菌食品やサプリメント

もともと腸内にある菌に加え、意識して補給することで腸内環境の改善につなげることができます。また、食事が不規則である方はサプリメントを活用することもよいでしょう。

 

運動

気持ちよいと思える強度の運動は自律神経にも良い影響を与え、腸の活性化にもつながります。ラジオ体操、ストレッチなど軽めの運動から取り組んでみましょう。お腹を動かすために軽めの腹筋なども効果的です。

 

口臭の種類(臭い別)

臭いによって、口臭の原因が異なります。対策をするには、臭いから原因を知っていきましょう。原因に合った対策をすることで、改善を図ることができるでしょう。

 

血生臭いにおい

歯周病が少し進行すると、歯肉を舌で吸ってみると、血の臭いがします。そのまま進行すると、歯磨きをする際には出血し、歯磨きをしても臭いが消えなくなります。歯周病で歯周ポケットに血や膿がたまると、血生臭いにおいがします。

 

ドブのようなにおい

舌苔ができる理由は舌の細菌です。舌苔はドブのようなにおいがします。

舌苔の細菌はタンパク質を分解して臭い物質をつくり蓄積しているのですが、舌が乾燥すると臭い物質がガス化し、口臭となります。

また、舌を指でこすって嗅ぐと臭いのは、舌苔が指に付き臭い物質がガス化するからです。

さらに、舌苔や膿栓・膿汁ができると、ドブ臭や腐敗臭がするようになります。

 

アンモニアのようなにおい

内臓の疾患が原因だと、トイレのにおいのようなアンモニア臭となります。

 

オナラのようなにおい

消化器系の疾患が原因だと、吐く息がオナラのようなにおいになります。

 

膿の臭い

膿のにおいがするときは、蓄膿症(副鼻腔炎)が原因であることが多いです。蓄膿症とは、鼻に膿がたまる病気で、鼻から生ごみのような臭いがするようになります。

 

酸っぱい臭い

酸っぱい臭いがするときは、逆流性食道炎が原因であることが多いです。逆流性食道炎は、食した物が胃から食道に逆流して食道が炎症を起こす病気です。胃酸が口の方に戻るために、「酸っぱい」味や臭いがするのが特徴です。

また、消化不良の食べ物が喉や舌に付着すると細菌が増殖し、ドブのような強い口臭の原因となる舌苔、膿栓、膿汁を作りやすい環境となってしまいます。

 

場所別ニキビの原因、予防法、対策

以下では、場所別ニキビの原因、予防法、対策をご紹介していきます。場所によって、原因が違うため、それぞれの原因に合った対策をとっていきましょう。

額・おでこのニキビ

原因

おでこのニキビは、思春期の場合、ホルモン変化による皮脂の過剰な分泌が原因となります。一方、大人のニキビは、髪の毛や整髪料による刺激、シャンプーやトリートメントの洗い残しなどの外的要因によるものが多い為、改善はしやすいでしょう。

 

額・おでこのニキビからわかる体の不調

外的要因を気をつけているのにもかかわらず、頻繁にニキビができる場合は、ストレスによってホルモンバランスが乱れている可能性があります。

 

予防方法

ニキビを悪化させないためにも、汗をこまめに拭いたり、洗顔方法を見直したりするなどして、おでこを清潔に保ちましょう。

また、ニキビができてしまったときには、前髪がかからないようにしたり、手で触れないようにしたり、刺激を与えないようにすることで悪化を防ぐことができます。

 

眉間・眉毛のニキビ

原因

眉間・眉毛のニキビは、皮脂の過剰分泌によって生じることが多く、それを手で触ってしまうと炎症につながります。

また、額・おでこのニキビと同様に、前髪が触れて刺激を与えてしまうこともあります。

 

眉間・眉毛のニキビからわかる体の不調

肝機能が低下していると眉間・眉毛にニキビができやすいといわれます。

 

予防方法

むやみに触ったり、つぶしてしたりすると悪化するので、絶対に触らないようにしましょう。日頃からアルコールや油っぽい食事の量が多い方は食生活を見直し、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んだバランスのよい食事を心がけましょう。

 

鼻のニキビ

原因

鼻もおでこと同様、皮脂の分泌が多い場所です。他の部位と比べても毛穴が大きく、しっかりと洗ったつもりでもメイクが落としきれていない場合があります。

 

鼻のニキビからわかる体の不調

大人になって鼻にニキビができる場合、疲労やストレスの蓄積が心配されます。また、内臓が弱っていると鼻の下にニキビができるといわれます。

 

予防方法

鼻のニキビは、皮脂の分泌量を減らすことで予防できます。皮脂の量はホルモンバランスに影響されるので、ホルモンバランスを整えるために、日頃の生活習慣を見直し、睡眠をしっかりとるようにしましょう。暴飲暴食、便秘などが原因となることもあるので、食生活を見直し、アルコールや油っぽい食事は控えるようにしましょう。

 

頬のニキビ

原因

顔の中でも乾燥しやすい頬のニキビは、乾燥、冷え、不規則な生活リズムや脂肪分の多い食生活、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌などが原因となります。また、不潔な寝具やバスタオルに繁殖した雑菌も原因となる場合があります。

 

頬のニキビからわかる体の不調

頬のニキビには、ホルモンバランスが大きく影響していますので、日頃からストレスや疲労を溜めないようにしましょう。また、胃腸をはじめとする消化器系や肝臓などの内蔵が悪い時もできやすいといわれています。

 

予防方法

外的要因の場合、枕をこまめに洗ったり、髪を束ねて刺激を与えないようにしたりすることでニキビを改善することができます。

男性ホルモンが原因の場合には、女性ホルモンに近い働きをすると言われているイソフラボンが含まれた食材を食事に取り入れてみると良いでしょう。

 

口周り・唇のニキビ

原因

口周り・唇のニキビは胃腸が弱っている時やストレスが溜まっている時にできやすく、ほかの場所に比べ、この2つの原因の割合が高いとされています。

また、ホルモンバランスの影響も大きいので、女性の場合、冷え性の症状がある方にも多くみられます。

 

口周り・唇のニキビからわかる体の不調

体調がよくない時に出るのが口周り・唇のニキビです。疲労やストレスが溜まって胃腸の調子が悪くなっていたり、熱があって抵抗力が落ちていたりすると出やすくなります。また、ホルモンのバランスが乱れているサインともいえるでしょう。

 

予防方法

女性の場合、体が冷えるとホルモンバランスを崩しやすいので、食べ物や服装に気を配り、体を冷やさないように注意しましょう。

また、胃腸の働きが低下すると、体内に老廃物が溜まったり、免疫力や抵抗力が低下したりして口周り・唇にニキビができることもあります。

 

顎のニキビ

原因

顎は髭が生える場所なので、男性ホルモンの影響を受けやすく、ホルモンバランスの乱れによってニキビが出やすい場所です。男性の場合は、髭を剃る時に負担がかかってしまいます。

 

顎のニキビからわかる体の不調

顎のニキビには、ホルモンバランスが大きく影響しています。日頃からストレスや疲労を溜めない、睡眠をたっぷりとるなど、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

予防方法

ホルモンバランスを整えるために生活習慣を見直し、ストレスや睡眠不足などを避けるようにしましょう。

男性の場合、髭剃り後の保湿が不十分なために、肌が乾燥してニキビができることもありますから、スキンケアを丁寧に行いましょう。

 

フェイスラインのニキビ

原因

フェイスラインのニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れと乾燥です。

ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの量が増え過ぎたり、免疫力が低下したりして、ニキビができやすくなります。さらに、フェイスラインはとても乾燥しやすい場所なので、バリア機能の低下にも注意しなければなりません。

 

フェイスラインのニキビからわかる体の不調

フェイスラインのニキビは、顎のニキビと同様に、ホルモンバランスが大きく影響しています。日頃からストレスや疲労を溜めない、睡眠をたっぷりとるなど、規則正しい生活を心がけましょう。

 

予防方法

フェイスラインのニキビは、髪が触れることでも起こるので、日頃からヘアスタイルに注意するとともに、スタイリング剤も避けるようにしましょう。さらに、女性はメイク、クレンジングや洗顔料のすすぎ残しなどにも注意してください。

 

背中のニキビ

原因

背中は皮脂腺が多いだけに、毛穴に皮脂が詰まり、菌が増殖しやすい場所といえます。しかも衣類でこすれたり、蒸れたりするのもニキビが多発する原因のひとつです。

また、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなりますので、日頃から過度なストレスや睡眠不足を避けるようにしたいものです。

 

背中のニキビからわかる体の不調

正しいケアや生活習慣の見直しをしても背中ニキビが治まらない場合は、マラセチア毛包炎や毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)などの皮膚疾患の可能性があります。症状が続く場合は、医療機関を受診するようにしてください。

 

予防方法

背中を最後に洗うなどして、すすぎ残しを防ぎましょう。

汗をかいたら着替えるのはもちろん、パジャマやインナーなど直に肌に触れるものは吸水性のよいものに変えるなど工夫が必要です。

また、合成繊維の衣類は肌を刺激してしまい、ニキビが悪化する恐れがあります。

負担のからからない綿100%のものを選ぶと良いでしょう。

 

生活習慣、口臭、ニキビのチェックリスト

以下では、生活習慣、口臭、ニキビのチェックリストをご紹介します。ここでしっかり確認をして、少しでも当てはまる項目があれば、治せるようにしていきましょう。

 

生活習慣チェックリスト

□睡眠不足。もしくは疲れが取れない日々が続いている。

□身近に、強いストレスを感じる人がいる。

□忙しくて、きちんとスキンケアできない日が多い。

□生理前になると無性にイライラする。

□チョコやスナックなどをついついつまんでしまう。

□お風呂で湯船につからないorほとんど汗をかかない毎日。

 

口臭チェックリスト

□スマートフォンを1日2時間以上操作する

□ストレスや緊張を感じやすいほうだ

□人と会話をする機会が少ない

□口の乾き、粘つきをしばしば感じる

□ダイエットのために食事制限をしている

□食べるのが速いほうだ

□朝食はあまり食べない

□便秘や下痢をしがち

□野菜があまり好きではない

□コーヒーやエナジードリンクなどを1日に複数回飲む

 

ニキビチェックリスト

□念入りに洗顔して肌を清潔に保とうとしている

□寒いので、つい熱めのお湯で顔を洗ってしまう

□肌をベタつかせそうなので、乳液やクリームは使わない

□刺激を避けるため、スキンケアは何もしていない

□すっぴんで過ごしている

 

おすすめの腸内環境ケアサプリメント3選

 

ファインベース「ビフィリゴ10000」

機能性表示食品であるビフィズス菌BB536をメインに、ビフィズス菌を助けるサポート成分で、胃酸による減少の少ない乳酸菌EC-12とイソマルトオリゴ糖を配合しており、腸内環境を良好にして、便通を改善してくれます。

ビフィズス菌 サプリ ビフィリゴ10000【送料無料】腸内環境を良好にし便通を改善するビフィズス菌BB536配合

価格:6,480円
(2019/1/29 15:16時点)

アドバンスト・メディカル・ケア「エクオール+ラクトビオン酸」

大豆イソフラボンが腸内細菌により代謝されてできる“エクオール”は、女性ホルモンに似た働きをする代謝物質です。このエクオールを直接補給できるサプリメントです。さらにエクオール産生菌を元気にしてくれるため、女性特有の不調をサポートしてくれるそうです。

エクオール ラクトビオン酸 90粒[ 大豆イソフラボン / サプリ / ゆらぎ期 ]【コンビニ受取可】

価格:6,480円
(2019/1/29 15:20時点)

資生堂「N.O.U ザ・サプリ」

脳と腸が機能的に関連し合う“脳腸相関”を整えることに着目したサプリです。必須脂肪酸DHAとEPA、ビフィズス菌と相性がいいラクチュロースなど5種類の成分を配合しています。

資生堂 N.O.U ザ・サプリ 180粒

価格:4,320円
(2019/1/29 15:22時点)

最後に

みなさんは、ニキビに悩んでいる方は少なくないと思います。また、口臭に悩んでいある方も多いことから考えても、生活習慣が乱れている可能性は高いです。上のチェック項目も踏まえて、是非確認してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました