歯周病と口臭って関係あるの?歯周病がもたらす影響

原因

口臭が気になる方にとって、歯周病は関係が深い病気になります。
一体、歯周病は体にどんな影響をもたらしているのでしょうか。
また、歯周病予防だけでなく、口臭そのものを予防する対策もご一緒にお伝えしていきます。

1.歯周病による口臭の原因

 

歯周病による口臭で考えられる原因は主に3つあります。

原因①虫歯・膿

食べかすが虫歯の穴の中に溜まってしまうと、細菌が繁殖して歯垢となり、臭いを放つようになります。虫歯が進行していき、神経組織が腐ることで腐敗臭を発するようになります。
また、歯と歯茎の境界にある刺繍ポケットに歯垢が溜まると、細菌が繁殖し、歯周病になってしまいます。
そのまま放置しておくと、歯茎が炎症を起こして、膿をためこんでしまい、
それが腐った臭いを引き起こしてしまうようです。

 

原因②メチルメルカプタン

メチルメルカプタンとは、口臭の主な原因である揮発性硫黄化合物(CSV)のことです。
メチルメルカプタンは硫化水素よりも強烈な匂いを放ち、時には玉ねぎが腐ったのような匂いともいわれています。
歯周病患者の方からはこのメチルメルカプタンが多く検出されています。

メチルメルカプタンは歯周病が進めば進むほど増えてしまう成分なので、一刻も早く歯周病を治したほうが口臭予防に繋がります。

 

原因③硫化水素

硫化水素も臭い口臭の一因としてよく挙げられます。
硫化水素の特徴は、腐った卵の匂いがすることです。多くの細菌が潜んでいるのが硫化水素。あまりにも多く発生してしまうと、体にも悪影響をもたらしてしまうので要注意です。

 

2.歯周病とは?

ここまで歯周病と口臭は関係があることをお伝えしたのですが、
そもそも歯周病とは一体どのような病気なのでしょうか。

歯周病チェックしてみよう

あなたは歯周病の症状にいくつ当てはまりますか。
まずは自分のお口の状態を知りましょう!

✔歯磨きをすると出血する
✔歯茎から膿が出る
✔歯がぐらぐらする
✔硬い物を噛むと痛い
✔何度か同じ場所の歯茎が腫れたことがある
✔起床時に口が苦く、ネバネバして気持ち悪い
✔歯茎が腫れている

いくつ当てはまりましたか?
一つでも当てはまったら歯周病の可能性があるので要注意です!

歯周病の口臭ってどんな臭い?

メチルメルカプタンは、揮発性硫黄化合物の一種で、簡単にいうと「野菜が腐ったような臭いを発するガス」です。歯周ポケット内で生じたメチルメルカプタンは、液体から気体に変わり、口腔内へと排出され、呼気に混じって体外へと出ていきます。これが歯周病による口臭の正体です。

私たちは誰しも、生理的口臭というものを持っています。健康な人にも生じる口臭で、起床直後や緊張などでお口の中が乾燥した際に発生します。この生理的口臭は「硫化水素」と呼ばれる物質が主な原因となっており、その臭いは「卵が腐ったような臭い」と表現されます。ですから、歯周病による口臭と同様、やはり食品が腐ったような臭いが生じるという特徴を持っているのです。

 

3.歯周病になると起こりうる二次的影響

歯周病の怖さは歯が抜けることだけではありません。
歯周病が私達に与える悪影響を説明します。

炎症をもたらす

歯周病菌がたくさん潜んでいる歯周ポケットは容易に出血しやすく、容易に細菌が体内に入り込める状況にあります。
ですので、歯周病菌は血液に入り込むことが出来ると言われています。
その血液が全身を回り、私達の体を蝕んでいくと言えます。
血液中に入り込んだ歯周病菌が、血液の流れに乗って全身に運ばれていき、臓器や血管壁にたどり着くと、炎症を引き起こしてしまいます。
中でも心臓や脳、子宮などに影響が及んでいると言えます。

 

心筋梗塞リスクが上昇

歯周病は糖尿病や動脈硬化も引き起こす可能性が高いと言われております。
歯周病はインスリンの働きを妨げる要素を持っていて、糖尿病のリスクが高まるだけでなく、治療のときも血糖値のコントロールが難しくなると言われています。

東京大学の研究チームは、金融保険系企業の産業医らと共同して、36歳~59歳の男性従業員3,081人を対象に、歯周病と心筋梗塞の関連を調べました。
質問票を用いて「歯肉に出血がある」「歯がぐらつく」、「口臭がする」という3項目に答えてもらい、その後5年間の健康状態を追跡調査したところ、
歯周病の強く疑われる男性は、心筋梗塞の発症が約2倍多いことが明らかになりました。
歯周病を治療することで、心筋梗塞のリスクが下がるということが言えますね。

糖尿病

糖尿病にかかっている人は歯周病が多いという調査結果が報告されています。歯周病と糖尿病の合併症状が見られるようです。

早産や低体重児出産

意外と思われるかもしれないですが、歯周病にかかっている妊婦さんは「早産」や「低体重児出産」の危険性が高いです。妊娠中や妊娠の可能性がある方は気をつけたほうが良いです。

心疾患

歯周病にかかっている人では「冠状動脈疾患」などの心臓血管疾患になる危険性が高いことがわかってきています。

脳血管疾患

歯周病にかかっている人では「脳卒中」などの脳血管疾患になる危険性が高いことがわかってきています。

 

4.歯周病の進行

歯周病はその進行段階によって大きく2つに分けられます。
「歯肉炎」とは炎症が歯肉だけにある状態のことです。
「歯周炎」とは炎症が歯肉から歯槽骨や歯根膜にまで広がった状態をいいます。
「歯周炎」は進行状態によって、以下のように軽度、中度、重度に分類されます。

健康な歯周組織
歯肉の色は薄いピンク色で、引き締まっています。
歯と歯肉の境目に1~2mm程度の溝(歯肉溝)があります。

歯肉炎
歯肉溝にプラークがたまった状態が続いてしまうと、歯肉に炎症が起きて腫れてしまいます。歯肉溝が2~3mmとなり、歯肉ポケットが形成されることがあります。

歯周炎(軽度)
歯肉の炎症がひどくなると、歯を支えている歯槽骨や歯根膜が破壊され始めます。
歯と歯肉の境目の溝も3~5mmと深くなり、歯周ポケットができてしまいます。深い歯周ポケットの中は歯ブラシで清掃することができませんので、病院へ行く必要があります。

歯周炎(中等度)
歯がグラグラ揺れ始めるのがこの時期からです。
炎症がさらに拡大し、歯槽骨も半分近くまで溶けてしまいます。
歯周ポケットも4~7mmと深くなります。

歯周炎(重度)
純度になると、歯が揺れてしまいます。歯槽骨も半分ほど溶けてなくなります。

 

5.歯周病の予防

 

①自分にあった歯みがきの方法を修得する

歯周病予防の基本は【正しい歯磨き】です。毎日歯磨きしているという入でも歯周病になっている人はたくさんいます。自分ではキレイに磨いているつもりでも、歯と歯の間や歯ブラシが届かないところなどを磨き残してしまっている場合が少なくありません。ですから、歯科医院で正しく磨けるように指導してもらうことも大切です。

②よく噛んで食べる

物を噛むことで唾液が分泌されます。唾液は口の中の細菌を洗い流す役目があるので、歯周病や虫歯の予防になります。また、よく噛んで食べれば歯周組織を強化することができるので、柔らかいものばかり食べず、硬いものをよく噛んで食べましょう。

③禁煙

たばこを吸っている入は吸わない入に比べて2倍~7倍歯周病になるリスクが高いといわれています。たばこの煙に含まれる有害物質は歯周病の症状を悪化させますし、喫煙している限り歯周病が治ることはないと思ってください。

④バクテリアセラピー

バクテリアセラピーとは「善玉菌を取り入れて、悪玉菌を抑制すること」です。
歯周病の原因菌もこのバクテリアセラピーによって激減させることができます。

⑤外科手術

外科手術で歯周病の根本をとってしまえば、予防に繋がりますが、費用やリスクのことも含めるとあまりおすすめできません。

⑥歯周組織再生治療

歯周組織(歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨)を再生させる治療法です。

 

6.まとめ

いかがでしたか?
歯周病の恐ろしさと口臭との関係を理解いただけましたでしょうか?

それでは今回のまとめをお伝えします。

✔歯周病は口臭につながっている
✔歯周病は人体に悪影響をもたらしている
✔歯周病予防をすることが大切

以上になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました