口臭の実態を調査!生臭い口臭、原因はこれだった

原因

最近は気にする人も多くなってきた「口臭」 口から生ゴミが腐った臭いがする、、 卵の腐った臭いの口臭がする、、 なんて周りの人が思っているかもしれません。 そこで、この記事では口臭の原因からあなたの口臭を分析します! 簡単なチェック方法についても執筆しているので確認してみてください!

1.口臭 

口臭があると自覚がある人は80%を超えるといわれます。

実際口臭とは何でしょうか。

口から吐き出される息のにおいが、社会的許容限度を超えるものを総称して口臭といいます。自分が感じる口臭も重要ですが、やっぱり周りの人の口臭ほど嫌なものはないですよね。

口臭は、口の中の細菌が、はがれた粘膜の細胞や歯周ポケットからの浸出液、食物残渣などのたんぱく質を分解して発生する「揮発性硫黄化合物」が主な原因と考えられています。一時的に強くなる生理的なものもあれば、歯周病や胃腸の病気などが原因であるものもあります。本当はそれほど臭わないのに本人が強く気にしている心理的な口臭もあります。

 

生臭い臭いの正体(口臭の原因)

口臭は口の中の病気が原因で発生するものが9割以上であり、胃腸などの消化器や、鼻などの病気が原因で発生するものは1割にも及びません。口臭に含まれる不快な臭いの成分は20種類ほどありますが、なかでも揮発性硫黄化合物(VSC)が主な原因とされています。

揮発性硫黄化合物は主に次の3種類のガスからなります。

 

硫化水素(卵が腐ったようなにおい)

メチルメルカプタン(生臭い、魚や野菜が腐ったようなにおい)

ジメルサルファイド(生ゴミのようなにおい)

 

 

口臭はこれらのガスが混合したものなので非常に不快なにおいとなります。この揮発性硫黄化合物は口の中にいる細菌が、はがれた粘膜上皮、血球成分、死んだ細菌などのたんぱく質成分を分解して発生します。

 

生臭いにおいの正体は「メチルメルカプタン」にあります。

生臭い口臭の原因は全身の病気にあるのではなく、口の中にあることに気づきます。この場合、口内環境の改善が必要ということです。

 

口臭の種類について

少し触れましたが、口臭には原因ごとに種類があり、その原因ごとに対策することが重要になります。胃腸の疾患が口臭の原因になっているのに、いくら口内環境を整えても根本的には口臭を改善できていないことになります。

(1)病的口臭  

上でも書きましたが、口臭は口の中の病気が原因であることが9割以上です。残りの1割が、鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などの全身の病気になります。この全身の病気の場合は深刻な場合が多く、1割といっても見逃すことができません。

 

主な口の中の病気は、歯周病、むし歯、歯垢、歯石、舌苔(ぜったい)、唾液の減少などがあげられます。この場合全て「悪臭を放つ細菌が繁殖している」ことが原因です。口内環境が悪化して細菌が繁殖すると、それだけ口臭はきつくなります。

 

口腔由来の病的口臭は、歯周病が原因のことがほとんどで、 口臭患者の約 1/3 が相当します 。次に唾液の分泌減少による口臭が多いです。

 

(2)生理的口臭

身体のストレス・生活習慣などによって、唾液の分泌が減少すると発現する口臭です。唾液が減少すると、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。口腔が原因の病的口臭に似ていますが、生理的口臭は病気にかかっているかどうか関係なく、誰しもする口臭であるという違いがあります。

 

唾液が少なくなる起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭が強くなります。

また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭や、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気、民族的な口臭も身体的口臭に含まれます。

 

しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少したり、食事や水分を積極的に補給したりすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要はありません。

 

(3)食べ物由来の口臭

にんにくやニラ、タバコやアルコールの摂取に伴って発生する口臭のことです。消化するときに、にんにくやアルコールの成分が血液に溶け出し、肺を通して呼気から排出される一時的なものです。

こちらも特別に治療する必要はありませんが、臭いの強い食べ物を食べたあとに人と会う約束がある場合は、口臭スプレーなどで一時的な対策ができるといいですね。

 

口臭の臭いの種類で原因を探ってみる

生臭いと言っても臭いの判別は難しいですよね。下に臭い別に口臭の原因を分類した表を添付したので、参考にしてみてください。もし自分の口臭に近い臭いがあれば、その原因を疑って見てもいいかもしれません。

 

におい 原因
タンパク質が腐ったにおい

(卵が腐ったにおい)

呼吸器の病気

(肺がん、肺腫瘍)

消化器の病気

(胃がん、食道気管)

耳や鼻の病気

(扁桃炎)

アンモニア臭 肝臓・胃の病気
おならのようなにおい 消化器の病気

(胃がん、食道気管)

ケトン臭

(甘酸っぱいにおい)

糖尿病
魚のにおい トリメチルアミン尿症

(遺伝的に特定のアミノ酸を分解できない病気)

 

腐った玉ねぎのにおい

歯周病、歯肉炎
血生臭いにおい 歯周病
ドブ臭いにおい 舌苔
卵が腐ったにおい

(他の口臭と比べて弱め)

生理的口臭
にんにく,納豆,タバコなど

その食べ物特有のにおい

においの強い食べ物

 

  • 卵が腐ったような臭いは、もしかすると消化器や呼吸器の不調かもしれません。胃が原因の場合、胃潰瘍、または十二指腸潰瘍だと、胃の中で発生した物質が血液にのって肺に達したとき、口から臭いが出るのだといいます。

 

▽こちらもチェック!!

内臓が原因の口臭は病気のサイン?

 

  • 口からアンモニア臭がするときは肝臓や胃の働きが低下している可能性が高いです。お酒を高頻度でたくさん飲む人は肝硬変など肝臓の病気にかかりやすくなります。肝硬変は自分で気づくには時間がかかるため、口臭が重要な指標になることがあります。アンモニア臭だと思ったら注意しましょう!

 

▽こちらもチェック!!

口が臭い!あなたのアンモニア臭は肝臓から来ていた!

 

  • おならのような臭いは、胃腸や食道が原因で発生しているのかもしれません。腸が原因の場合は、腸内環境が悪くなり、便秘になることで口臭が引き起こされます。悪玉菌が口臭の原因となる物質を発生させ、毛細血管を通って肺から排出されます。消化不良の場合は胃が病気になっているかもしれません。胃がんや胃炎の場合があるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

▽こちらもチェック!!

治らない口臭は便秘が原因?腸が原因の口臭を徹底分析!

 

  • 甘酸っぱく、腐ったような臭いがする場合は、糖尿病が原因かもしれません。アセトン臭と呼ばれています。

 

▽こちらもチェック!!
口臭の原因が糖尿病にあった!甘い匂いの正体とは

 

  • 魚の臭いがするときは、トリメチルアミン尿症の可能性があります。遺伝的に特定のアミノ酸を分解できない病気なので、疑いがある場合は病院へ行くことをお勧めします。

 

  • 腐った玉ねぎのにおいや血生臭い臭いの時は、歯や歯茎の病気であることが多いです。唾液の分泌量の低下やドライマウスなど、様々な原因が考えられます。

 

  • ドブ臭いにおいがする時は、舌に舌苔と呼ばれる白い物質が付着している時があります。優しく舌磨きをして取り除くようにしましょう。

 

▽こちらもチェック!!

ドブ臭い口臭の対策方法!匂いと症状で原因を特定しよう

 

  • 生理的な口臭はあまり強くありません。もし臭う場合は温泉街のような、卵が腐ったにおいがします。

 

  • 食べ物が由来の口臭も食べ物によってそれぞれです。臭いの強い食べ物も取りながら、うまく口臭と付き合うことが大切です。

 

「生臭い口臭」と言っても口内に原因がある場合もあれば、確率は低いですが消化器に原因がある場合もあります。口臭はすぐに解決できると思わずに、それぞれの原因に合わせてじっくりと解決するようにしましょう。

 

口臭の原因になる病気

今回の記事では、口の中の病気のみについて書きます。

胃腸や肝臓の病気が原因の場合についても知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

内臓が原因の口臭は病気のサイン?
口が臭い あなたのアンモニア臭は肝臓から来ていた!

 

口の中の病気で、口臭の原因になりやすい上位3つに絞って書きます。

口の中の病気はほとんど全て口内で細菌が繁殖することによって引き起こされます。

 

歯周病

歯周病とは、歯の周りの歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に炎症が起こっている病気の総称です。炎症が歯肉だけに留まっている状態を「歯肉炎」といい、炎症が歯槽骨や歯根膜にまで広がっている状態を「歯周炎」といいます。

歯周病によって、歯ぐきがブヨブヨになると、歯と歯ぐきの間に無数の細菌が存在するようになります。その細菌が繁殖して、悪臭の原因となる揮発性硫黄化合物(CSV)を産生します。

 

ドライマウス

唾液の分泌量が少なくなり、口のなかが乾燥している状態が続く病気のことを言います。唾液には口臭予防に関連した洗浄作用、抗菌作用、粘膜保護作用などがあります。唾液の分泌が少なくなると口の中が不潔になり、乾燥すると細菌が繁殖して口臭が発生しやすくなります。

薬の副作用で唾液の分泌が抑制されることもありますが、ドライマウスは口腔乾燥症と呼ばれる病気のひとつです。ドライマウスの原因としては、「糖尿病」「放射線障害」「脳血管障害」「老化」「筋力の低下」「更年期障害」「シェーグレン症候群」「ストレス」などがありますが、複数の原因が絡み合って引き起こされることが多いです。

 

舌苔

舌苔(ぜったい)は、舌に付着する白い苔状のものを言います。もう少し詳しく説明すると、舌の上皮が伸びたものに、細菌・食べかす・粘膜のカスが付着したもののことを舌苔と言います。原因については、ストレスなど心身系の原因のほか、疫力が低下したり、消化器系の疾患によって引き起こされることもありますが、口の中に原因があることが多いです。口の中に食べかすが残っていたり、唾液の分泌量が少なくなったりすると、舌苔ができやすくなります。

舌苔には多数の細菌が繁殖し、周りの食べかすやたんぱく質を分解すると、口臭の原因である揮発性硫黄化合物が作られます。

 

2.10分でできる簡単チェック 

口臭を調べる方法として、他人に客観的なフィードバックをもらうことが一番です。しかし、家族や友達に自分の口臭を匂わせるのはちょっとという人も多いと思います。10分くらいあればできる口臭のセルフチェックをご紹介します。自分の口臭の強さや種類を調べてみて、より効果的な対策ができるといいですね。

 

(1)ティッシュ1枚でできる方法

この方法が筆者の一番おすすめの方法です。手軽に自分の口臭を調べることができる上に、自分の口臭を簡単に把握することができます。実際にテレビでも紹介された方法です。参考にしてください。

まずはティッシュを4回折り畳んで、小さな座布団のような形にします。そして折り畳んだティッシュを使って、舌を上から下に5回なぞりましょう。後は2分待って深呼吸してからティッシュを嗅ぐだけです。自分の口臭がどんなにおいをしているか気づくことができます。ポイントは唾液が乾くまで待つことです。乾いてからの方が口の中のにおいがわかりやすくなります。

 

(2)デンタルフロスでチェック

この方法は、唾液ではなくて、歯と歯の間にはさまっている歯垢のにおいを嗅ぐことで口臭のにおいを判断する方法です。使ったデンタルフロスが乾くまで待ち、その後ににおいを嗅ぎます。においを嗅ぐだけでなく、デンタルフロスは歯磨きと併用することで、口内の食べかすを80%以上除去できるようになると言われています。

 

(3)手をなめてチェック

何も用意する必要がないのがこの方法です。左右どちらかの手の甲を舐めて、乾くまで待った後、舐めていない方の手の甲のにおいと比較します。実際に比較できるところがポイントですね。手軽にできるので、他の方法を並行してやってみるのもいいですね。

 

(4)舌を鏡でみる

この方法だけにおいを調べずに、口臭の原因をチェックする方法です。舌苔という舌の上に付着する白い粒のようなものをご存知でしょうか。口臭はそのような舌苔が原因で発生することが多く、その舌苔は目で見て調べることができます。自分の舌を鏡で確認し、白くなっていないか調べましょう。ピンク色がかっていれば健康ですが、白くなっていると舌苔である可能性が高いです。

 

メチルメルカプタンが多いかどうかを調べる方法

先ほど、生臭い口臭の原因はメチルメルカプタンであると書きました。では実際にメチルメルカプタンを測定する方法はあるのでしょうか。市販で出回っている口臭チェッカーは、このメチルカプタン含んだ「揮発性硫黄化合物」を測定するものが多く、メチルメルカプタン自体を測定することは難しいようです。しかし、口臭外来などで専門の機械を用いて測定すると、成分ごとに測定結果が出るので、実際にメチルメルカプタン自体の量を測定することができます。

 

3.まとめ 

✔︎口臭とは口から吐き出される息のにおいが、社会的許容限度を超えるもの

✔︎生臭いにおいの正体は「メチルメルカプタン」

✔︎病気が原因の口臭は、9割が口の中の病気にある!

✔︎口の中の病気について、細菌が繁殖することで口臭がきつくなる

✔︎セルフチェックして口臭の強さや種類について考えてみよう

 

口臭の主な原因である揮発性硫黄化合物は、口内環境を整えることで減らすことができます。揮発性硫黄化合物が発生する原因はたくさんありますが、自分の口臭がどの原因によって引き起こされているか調べてみましょう。原因を見つけることで、口臭の早期解決に繋がります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました