口が臭い!あなたのアンモニア臭は肝臓から来ていた!

原因

自分の口臭がアンモニア臭い

おそらく肝臓が原因だろう……けどどんな対策をしたらいいかわからない

 

実はそのアンモニア臭の口臭、深刻な病気の一つの兆候かもしれません。

 

この記事では、肝臓が原因の口臭を改善する方法を中心に、口臭と肝臓の関係について詳しく書きます。

 

爽やかな口臭と健康な体で楽しい生活を送りましょう!

1.口からアンモニア臭がするときには

①口臭をもう一度チェックする

なんとなく自分の口臭がアンモニア臭だと感じているだけで、実は違う場合もあります。まずは一度自分の口臭をチェックしてみてみましょう。

 

(1)友達や身近な人に確認してもらう

自分の口臭を自分で判断するのは難しいですよね。友達や家族など身近な人に自分の口臭を確認してもらうことも一つの手段です。

でもアンモニア臭の疑いがある口臭を嗅いでもらうのも気がひけるかもしれません。以降は自分一人で口臭を確認する方法について書いているので、人に自分の口臭を嗅がせたくない人はそちらを参考にしてください。

 

(2)ティッシュで確認する

この方法が筆者の一番おすすめの方法です。手軽に自分の口臭を調べることができる上に、自分の口臭の種類も把握しやすいです。実際にテレビでも紹介された方法です。参考にしてください。

 

①ティッシュを4回折り畳んで、小さな座布団のような形にする。

②折り畳んだティッシュを使って、舌を上から下に5回なぞる。

③2分待つ

④深呼吸してからティッシュを嗅ぐ。

 

この方法で、自分の口臭がどんなにおいをしているか気づくことができます。ポイントは唾液が乾くまで待つことです。乾いてからの方が口の中のにおいがわかりやすくなります。

 

(3)デンタルフロスのにおいでチェック

この方法は、唾液ではなくて、歯と歯の間にはさまっている歯垢のにおいを嗅ぐことで口臭のにおいを判断する方法です。使ったデンタルフロスが乾くまで待ち、その後ににおいを嗅ぎます。余談ですが、デンタルフロスは歯磨きと併用することで、口内の食べかすを80%以上除去できるようになると言われており、口臭をチェックすること以上に効果があります。

 

(4)手の甲でチェック

この方法のいいところは何も用意する必要がないことです。左右どちらかの手の甲を舐めて、乾くまで待った後、舐めていない方の手の甲のにおいと比較します。実際に比較できるところがポイントです。手軽にできるので、他の方法を並行してやってみるのもいいですね。

 

(5)口臭チェッカーでは測定できない

こちらはアンモニア臭で悩まれている方には、おすすめできません。なぜなら口臭でチェックする物質がアンモニアではないからです。一般的な口臭チェッカーは基本的に揮発性硫黄化合物を測定します。この物質は口内環境が悪化し、繁殖した細菌が発する物質で、卵が腐ったようなにおいを発します。

アンモニア臭を特定できる装置は市販ではおそらくないので、口臭チェッカー以外の方法を試してみましょう。

 

②アンモニア臭は肝臓からきているか

それでは実際にあなたのアンモニア臭の口臭が肝臓の不調と繋がっているのか、肝臓の機能が低下した時に見られる症状を参考にしてみましょう。

 

アンモニアの口臭がするときに最も考えられる原因は「肝機能の低下」です。

実際に肝機能が低下しやすい人をまとめて見ました。

 

肝機能が低下しやすい人の特徴

・お酒をたくさん飲む人

・お酒を飲む頻度が多い人

・肥満度が高い人

・高血圧の人

 

アルコールの摂りすぎで肝臓に負担がかかっていたり、中性脂肪が肝臓にたまって脂肪肝になっていたり、高血圧だったりすると、肝機能が低下します。高血圧について、中~高年齢に見られる内臓肥満を伴う高血圧は年数が経過するごとに最大血圧が高くなるので、肝機能が低下する可能性が高いです。

 

次に、肝機能が下がったときに、口がアンモニア臭くなること以外には、どのような症状が考えられるかまとめました。自分の肝機能が本当に低下しているか確認してみましょう。

 

肝機能が下がった時の主な症状

・足がむくむ

・お腹が張る

・食欲の低下(特に脂っこいものを食べたくなくなる)

・お酒から離れる

・体がだるい

 

この中で2つ以上当てはまっている場合は肝機能が低下している可能性が非常に高いです。③考えられる肝臓の病気では、肝機能が低下している人が、かかっている可能性が高い病気についてまとめています。ここで当てはまる症状があった人はぜひ確認してください。

 

③考えられる肝臓の病気

肝機能が下がる原因として、ウイルスなどが原因で引き起こされる肝炎やアルコールの飲み過ぎが挙げられます。肝臓に炎症がある状態が続くと「肝硬変」と呼ばれる状態になってしまいます。肝硬変は、肝臓の慢性的な炎症で、肝細胞の破壊と再生が繰り返されると徐々に線維化(肝臓にかさぶたの様な物質ができ、通常の機能が果たせない状態)が起こり、肝臓本来の細胞の構造が破壊されていく状態のことをいいます。肝硬変は気がつくことが少なく、肝機能がほとんどなくなってから気がつくことが多いです。そのため、肝硬変が進み肝臓の機能が完全になくなる肝不全に陥ってからや、深刻な合併症を伴ってからではないと肝硬変には気づかないこともあります。

 

実のところアンモニア臭の口臭は肝硬変に気がつく一つの大切な指標です。完全に肝臓の機能が低下してしまって、アンモニアが毒のある物質に分解されないようになり脳に到達するようになると、意識不明や脳障害など後戻りできないこともあるります。肝硬変の可能性があると感じたら近くの医院に相談するようにしましょう。

 

また、肝硬変は合併を伴うことが多いです。

主な合併症は3つあり、肝がん、肝不全、静脈瘤です。昔はそれぞれの合併症が占める死亡原因の割合は同じくらいでしたが、今では肝がんでの死亡原因が圧倒的に多いです。日本人の年間全死亡数約90万人のうち肝がんによる死亡数は3万人をこえています。肝不全や静脈瘤については、治療方法が確立されていますが、肝不全については現状完全に治療できる方法がないです。肝硬変の状態だとがんが非常にできやすく、がんを摘出できたとしても再発する可能性が高いからです。

 

④アンモニアの口臭を改善する

(1)低下した肝機能を回復させる

肝機能が低下する原因として、主にアルコール・高血圧・脂肪肝があります。

 

アルコールの1番の対策は「飲まないこと」です。でも付き合いやリラックスのためには飲まないといけない人もいると思います。アルコール分解能力も人によって差があり、分解能力が低い人はそれだけ肝機能が低下しやすいということです。飲んでも肝機能を低下させないためには、

 

・アルコール度数の低いお酒を飲む

・お酒と一緒に肝臓の働きを助けるタンパク質を摂る

 (ひややっこ、揚げ出し豆腐、レバーなど)

・飲んでいる最中や飲み終わった後に十分な水分補給をする

 

ことを心がけましょう。

肝機能が低下してしまうのを防ぐことができます。

 

高血圧を引き起こす原因は、主に4つあります。肥満・ストレス・喫煙・塩分です。これらを改善することで、高血圧を改善することができます。肥満になると酸素消費量が増えて、心拍出量、循環血液量が増加するので血圧が上がります。つねに体重をコントロールすることで、血圧を低い状態で保つことができます。仕事や心配事によるストレスや疲れ、睡眠不足は、血圧を上げる大きな要因になります。スポーツをしてリラックスをしたり、睡眠を十分にとるように心がけましょう。喫煙は末梢血管の収縮を引き起こすため、血圧が上昇してしまいます。また塩分摂取量が多いと循環血液量が多くなって、血圧が上がります。加工食品は塩分が多く含まれていることが多いので、塩分を摂取しすぎていると思うときは、塩分があまり入っていない食品を選ぶようにしましょう。

 

脂肪肝とは、食べ過ぎや運動不足のために余った糖質や脂質が中性脂肪に変わり、肝臓に過剰にたまって、脂肪が肝臓全体の30%以上を占めるようになった状態のことを言います。脂肪肝を改善する方法は大きく3つあります。一つ目は「運動すること」です。筑波大学の研究では、活発なウォーキングなどの運動を1日に30分以上続けると脂肪肝が改善することが示されました。運動をして10分は脂肪は燃焼されないので、10分以上の運動を心がけましょう。

2つ目は「緑茶を飲む」ことです。近年、岐阜大学の研究で緑茶のカテキンが、悪玉のLDLコレステロールを肝臓に取り込んで分解や排泄する働きを助けることが示されました。普段の水分補給を緑茶にすることで、肝臓の機能を助けるだけでなく、コレステロールの血中濃度を下げることができるので非常におすすめです。

3つ目は「飲むアルコールの量を減らす」ことです。これについては効果がある人とない人に分かれます。脂肪肝は「アルコール性脂肪肝」と「非アルコール性脂肪肝」に分かれていて、「アルコール性脂肪肝」の人に効果があります。「アルコール性脂肪肝」の人は肝臓の働きに異常が生じ、肝臓中に脂肪が増えてたまっていくの状態になっています。上記でもアルコール自体が肝機能を低下させる原因になっているので、肝機能を低下させないためにはお酒との付き合い方を改めることが必要ですね。

 

(2)肝硬変の可能性があるとき

肝硬変の可能性があるときは、まずは医院に行って血液検査や腹部超音波検査をしましょう。肝硬変と聞くと、治らない病気と思う方もいるかと思いますが、近年では、合併症の早期発見や早期治療、肝硬変の段階に応じて必要な治療を行うことができ、早期から継続して治療を受けることで、安定した生活を続けていくことができます。肝硬変として診断された場合に行われる治療として、体内のたんぱく質を増やす薬、むくみや腹水を改善させる薬、肝保護を目的とした点滴注射などがあります。

自分でできる一番大事なことは、たんぱく質、ビタミンが豊富な食事を三度しっかり食べることです。また、むくみを防ぐために塩分はひかえるようにしましょう。当然ですが、アルコールは基本的に摂らないようにしましょう。

 

2.他の口臭について

肝臓が原因でない場合、どんな原因があるのか気になりますよね。

簡単にまとめてみたので、その原因で引き起こされる口臭のにおいについても参考にしてみてください!

 

口臭の原因とにおいの関係

アンモニア臭がしたら肝臓を連想するように、臭いと口臭の原因には密接な関係があります。下の表でまとめました。オレンジ色を背景にしているのが、比較的深刻な病気です。このように口臭は深刻な病気にかかっていないかを知る一つの指標になっています。

 

におい

原因

タンパク質が腐ったにおい

(卵が腐ったにおい)

呼吸器の病気

(肺がん、肺腫瘍)

消化器の病気

(胃がん、食道気管)

耳や鼻の病気

(扁桃炎)

おならのようなにおい

消化器の病気

(胃がん、食道気管)

ケトン臭

(甘酸っぱいにおい)

糖尿病

魚のにおい

トリメチルアミン尿症

(遺伝的に特定のアミノ酸を分解できない病気)

 

腐った玉ねぎのにおい

歯周病、歯肉炎

血生臭いにおい

歯周病

ドブ臭いにおい

舌苔

卵が腐ったにおい

(他の口臭と比べて弱め)

生理的口臭

にんにく,納豆,タバコなど

その食べ物特有のにおい

においの強い食べ物

 

卵が腐ったような臭いは、もしかすると消化器や呼吸器の不調かもしれません。胃が原因の場合、胃潰瘍、または十二指腸潰瘍だと、胃の中で発生した物質が血液にのって肺に達したとき、口から臭いが出るのだといいます。

 

おならのような臭いは、胃腸や食道が原因で発生しているのかもしれません。腸が原因の場合は、腸内環境が悪くなり、便秘になることで口臭が引き起こされます。悪玉菌が口臭の原因となる物質を発生させ、毛細血管を通って肺から排出されます。消化不良の場合は胃が病気になっているかもしれません。胃がんや胃炎の場合があるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

治らない口臭は便秘が原因?腸が原因の口臭を徹底分析!

 

甘酸っぱく、腐ったような臭いがする場合は、糖尿病が原因かもしれません。アセトン臭と呼ばれています。

 

魚の臭いがするときは、トリメチルアミン尿症の可能性があります。遺伝的に特定のアミノ酸を分解できない病気なので、疑いがある場合は病院へ行くことをお勧めします。

 

腐った玉ねぎのにおいや血生臭い臭いの時は、歯や歯茎の病気であることが多いです。唾液の分泌量の低下やドライマウスなど、様々な原因が考えられます。

 

ドブ臭いにおいがする時は、舌に舌苔と呼ばれる白い物質が付着している時があります。優しく舌磨きをして取り除くようにしましょう。

 

生理的な口臭はあまり強くありません。もし臭う場合は温泉街のような、卵が腐ったにおいがします。

 

食べ物が由来の口臭も食べ物によってそれぞれです。臭いの強い食べ物も取りながら、うまく口臭と付き合うことが大切です。

 

口臭は口の中の病気だと考えられがちですが、消化器や呼吸器などが原因になっていることもあります。確率的には低いですが、重度の病気が原因になっていることもあります。口臭が長い間治らない、口臭ケアは一通り試してみたなど、口臭で悩んでいる人は、自分の口臭のにおいから原因を考えてみてもいいかもしれません。思わぬ形で、病気を早期発見できることがあります。

 

3.まとめ

 

✔︎アンモニア臭の口臭かチェックしてみよう!

✔︎アンモニアの口臭の主な原因は「肝機能の低下」

✔︎肝機能の低下は、アルコール・高血圧・脂肪肝や、肝硬変などの重大な病気が原因であることが多い

✔︎他にも口臭の原因とにおいには関係がある

 

アンモニア臭の口臭は肝硬変など深刻な病気と関係していることがあります。症状や自分の生活を振り返って、肝硬変の可能性があると思った方は、一度医院に診てもらうようにしましょう。口臭を改善するだけでなく、健康な体を維持することが一番大事です。ただの口臭と思わずに、深刻な病気であるかもしれないと思って対処するようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント