【保存版】ペットの口が臭い!原因と対策、消し方とは

原因

ペットの口が臭いことに悩んだ経験がある方は少なくないと思います。

口臭があるということは何か病気の表れであることもあります。愛するペットのために何をしてあげられるのか、是非この記事を通して知っていただけたら、と思います。

ペットの口臭の原因

最初に、ペットの口臭の原因についてお話します。原因を知ることで対処方法なども変わってくるので確認してみてください。

 

歯周病

犬の口臭原因として最も多いのは、歯周病です。歯周病は、歯肉だけが炎症を起こす歯肉炎とは違い、歯や歯の周囲にある靭帯、歯を支える骨にまで炎症が起こることがあります。

犬は人に比べて、歯垢が歯石に変わるスピードがとても早いです。

そのため、さらに歯垢が付きやすくなる、という悪循環が起こってしまいます。

 

今では、3歳以上の犬の約8割が歯周病を患っていると考えられています。

歯周病は、歯垢や歯石から発生するにおいや炎症により生じる膿などが、腐敗臭のような口臭を発生させる場合があります。

 

口腔内の乾燥

犬の口の中は通常唾液で潤っていますが、口腔内の水分が不足すると唾液が濃縮され、口臭の原因になります。飲む水の量が少なかったり、鼻炎などが原因で鼻がつまり、口を開けている状態が続くと、口の中が乾燥し、唾液が濃縮されるので、生臭かったり、魚臭かったりしてしまいます。

 

健康な犬でも、暑い季節では体内の熱を下げるために、口を開けて呼吸をすることで口腔内がいつもより乾きやすくなります。また、開口呼吸は通常より多く体から水分が出て行くため、いつもより多めの水分補給が必要になります。夏場に口臭が気になる場合には、飲んでいる水の量が足りているか、室温が適切かどうかなどをチェックするとよいでしょう。

 

口腔内腫瘍

口腔内腫瘍の場合、良性腫瘍、悪性腫瘍、線維肉腫などに分かれます。

特に悪性腫瘍の場合は、歯肉のみならず骨組織も破壊するため、激しい腐敗臭が発生することがあります。この場合、食欲低下、食べこぼし、食事時の疼痛などがあります。気になる症状がある場合は、なるべく早く動物病院を受診することをおすすめします。

 

内臓疾患

胃や腸といった消化器、肝臓や腎臓の不調も口臭の原因となることがあります。
腎臓疾患によって、腎機能が低下すると魚臭い口臭がする以外の症状には、体重の減少が見られる、食欲がなくなる、頻尿になるなどの症状が現れます。

臭いごとに原因が異なります。以下で確認していきましょう。

 

すっぱい臭い

口臭にすっぱい臭いがある場合は、胃腸の不調が隠れていることがあります。特に胃炎を患っている場合、胃酸の分泌が過多になるため、嘔吐したり胃酸がこみ上げてきたりしてしまいます。それが原因で胃酸由来の臭いが口臭となります。

 

胃炎の原因として、急性のものは感染症、異物、中毒などがあり、慢性のものは免疫、胆汁の逆流、別の疾患の二次的な症状などが挙げられます。

また、空腹時間が長くなることで胃酸過多となって嘔吐してしまうこともあります。

 

アンモニアのような臭い

腎臓や肝臓に疾患がある場合、口臭がアンモニア臭くなる場合があります。

通常、体外に排泄する老廃物が体の中に溜まった結果、独特のアンモニア臭として臭うことがあります。速やかに動物病院を受診しましょう。

 

便の臭い

口臭に便の臭いがある場合、口腔内の問題やひどい便秘などが影響していることもありますが、腸閉塞や腸のねじれなどの重篤な症状を起こしている可能性があります。

こうした症状は重積、腫瘍、異物などが原因で起こってしまいます。

腸の内容物が正常に流れていかないため、便のような臭いが生じるだけではなく、便のような嘔吐物を吐くこともあります。

この場合は口臭の他に、波のある強い腹痛や痛みを伴う全身の緊張感や、元気がなく、

ぐったりしている、下痢をするなどの深刻な症状が伴うことがほとんどであり、生命にかかわります。これらの症状が出た場合には迅速に動物病院に相談しましょう。

 

また、別の原因として、食糞行動により、口臭が糞便臭くなることもあります。

食糞とは自分自身の糞便を食べてしまうことです。

子犬のうちの食糞行動は、母犬が捕食動物からわが子を守るために排泄物を食べる、という動作を真似するためとも言われて、他の原因としては、体内に寄生虫がいる、消化器疾患があるなどの理由も考えられるそうです。

 

甘い臭い

甘い匂いがする場合、糖尿病の可能性があります。

糖尿病とは体内のインスリンが不足したり、インスリンの働きが悪くなったりして血糖値が上がる病気です。悪化すると命の危険を伴ってしまいます。

 

糖尿病の場合には、多飲多尿の症状が出たり、食べているのに痩せてくるなどの症状が見られます。合併症としては白内障、神経障害、腎不全などがあります。

また、糖尿病の場合、免疫力の低下から歯周病にもかかりやすくなります。気づき次第、早めに動物病院を受診しましょう。

 

ペットフードの劣化

ペットフードは開封して空気に触れることで酸化していきます。ウェットタイプのものだけでなく、保存に強いと考えられているドライフードでも酸化して、劣化してしまいます。

フードは密閉容器で保存し、開封して1ヵ月以内に食べきれる量のフードを購入しましょう。劣化したドライフードを食べることで、食べかすがいつもと違った口臭に感じ取れることがあります。

 

腐敗したフード、酸化したペットフードは下痢や嘔吐、腹痛の原因にもなります。

ペットフードを購入する際は、食べきりサイズを選ぶようにするといいでしょう。

また、保管の際はできるだけ空気に触れないように封をしましょう。

 

また、劣化とは関係ありませんが、ペットフードにおいて、缶詰やパウチタイプはドライフードに比べて、歯に残りやすく、歯垢や歯石となって口臭の原因になります。

 

腸内環境の悪化

胃腸の調子が悪かったり、腸内環境の悪化したりすることも、口臭の原因になることがあります。特に老犬の場合は消化能力が低下し、腸内環境が悪化しやすいです。

腸内環境が悪化すると食欲不振にも繋がり、老化を早めてしまうと考えられています。

食べ物が胃腸で消化しきれずに、消化不良のフードからの臭いが胃腸から上がってきて、口臭となるケースもあります。

 

乳歯の生え変わり

乳歯が生え変わる時期には、歯がなくなった部分や歯並びの変化なので歯垢や食べ物のカスが残ってしまうことが多くなり、それが原因で口臭が発生する場合があります。

これは、一時的な理由ですので、歯が揃い始めてくる頃には落ち着きます。

 

ペットの口臭対策

次に、ペットの口臭対策についてお話します。愛するペットのために何ができるか考えていきましょう。

 

フードを替える

ドライフードに含まれる油分と炭水化物は、口臭の原因となってしまいます。油分は口の中を酸化させ、臭いの原因になります。穀物などの炭水化物は口の中に残りやすく、歯垢の原因になります。

 

添加物のない天然由来成分で作られたドッグフードに替えるのをおすすめします。少し高いので、普段のペットフードと混ぜながらゆっくりあげるとよいでしょう。

 

歯磨き

 

代表的な口臭対策は習慣的な歯磨きです。その場合でも、人間用の歯磨き粉は使わないようにしましょう。これらに配合されているキシリトールはペットにとって有毒です。

使用してしまうと、足元がふらついたり、けいれんを起こしたりすることもありますので、歯磨き粉を使う場合は人間用ではなくペット用のものを使用するとよいでしょう。

 

歯磨きの仕方とは

最初に、犬用歯ブラシまたはガーゼ、犬用の歯磨き粉を用意します。

そして、愛犬がリラックス出来るように、膝の上に抱っこしたり、犬の隣に座って飼い主と同じ方向に向かせます。

次に、犬用の歯磨き粉を付けた歯ブラシは、ペンを持つように軽く持ちます。

 

磨く時は、横に小刻みに磨きます。磨く順番は、前歯から徐々に奥歯へと磨いていきます。歯の裏側や歯と歯茎の間も忘れずに汚れを落としていきましょう。

歯ブラシが苦手な犬は、ガーゼを指に巻いて歯ブラシと同じように磨くと良いでしょう。

歯磨き粉を使わない場合は、歯ブラシやガーゼを少し湿らせてから磨くと良いです。

 

歯磨きの注意点とは

歯周病の怖さを知ると、愛犬の歯みがきに時間をかけてしまうことがあると思います。

しかし、長時間の歯みがきは、愛犬にとってストレスになってしまいます。

 

なるべく短時間で仕上げるようにしましょう。歯みがきを上手にやるポイントは、愛犬に歯みがきが楽しいことであると教えてあげるとよいでしょう。

口を触られるのが嫌いな犬や、歯みがきが嫌いな犬もいるので、口を触られることは怖いことではないと教えてあげるとよいでしょう。

 

口を触られることに慣れたら、歯ブラシの匂いを嗅がせたり、触らせたりして少しずつ慣らしていくとよいでしょう。歯みがきは焦らず、時間をかけてペットに慣れさせる必要があります。飼い主さんの根気強さが必要です。

 

歯磨きシート

歯磨きを嫌がる犬も、歯磨きシートであれば嫌がらないことがあります。ペットが、口で引っ張っても抜けないように指にシートを固定して、軽く歯に触れる程度で強くゴシゴシとこすらないことがポイントです。

 

色々なフレーバーがあるのでペットの好きなものを探してあげましょう。

 

歯磨き効果のあるおもちゃ

犬は本来、動物の肉や骨を食べる過程で口の中の汚れや食べカスを落とします。

そのため、動物の肉や骨を毎日食べていれば口内トラブルになりづらいですが、過剰の動物性脂質は腸内環境が悪化してしまう原因になってしまいます。ですので、歯磨き効果のあるおもちゃで口の中を清潔に保つことがおすすめです。

 

歯石除去施術

歯垢や歯石がにおいの原因の場合は、それらを取り除いてもらうとよいでしょう。

病院で歯石を取り除いてもらう方法として、麻酔をかける場合と、無麻酔で取る場合があります。それぞれのメリット、デメリットを踏まえて考えていきましょう。

 

麻酔をかけていないと犬が暴れてしまう可能性があります。一方で麻酔が体に負担を与えることも指摘されています。老犬の場合は麻酔が体に負担を与える場合があるので、麻酔をかけた歯石除去ができないことがあるので注意してください。

 

理想としては、無麻酔での治療を熟知した、臨床獣医師さんに歯石を取ってもらうことです。歯石除去は保険対象外なので8,000~15,000円程度の費用がかかりますが、歯周病治療であれば保険がききます。

 

また、歯石除去は無麻酔でハンドスケーラーを用いて行う場合と、麻酔下で超音波スケーラーを用いて行う場合があります。ハンドスケーラーでは硬い歯石は取れません。

ただし、歯石除去を行ったからといって、口臭がすぐに全くなくなるわけではありません。

歯石がついている場合、歯周病になってしまっている可能性が高いので、家庭での歯磨き、定期的な病院でのメンテナンスをしましょう。

 

スプレー

犬の口臭対策用のスプレーも様々な種類が売っています。食事に混ぜるタイプ、口に直接吹きかけるタイプなどと、沢山の種類があるので、ペットの状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

大きな即効性はありませんが、ストレスを与えにくい治療法なのでおすすめです。

 

ドッグフードやサプリメントでのケア

ドッグフードは、ウェットタイプよりもドライタイプの方が歯垢のもとになりにくいと言われています。ドライタイプのフードでは、歯垢になりにくいように工夫されていたりする商品や、食べるだけで歯磨きをしたような効果を出せるフードもあります。

 

チェックリスト

次に、ペットに口臭があるか、また歯周病はあるかについてのチェックリストをご紹介します。少しでも当てはまる場合は、すぐに対処しましょう。

 

口臭の状態をチェック

 

✔︎ペットフードを口からこぼす

✔︎ペットがよだれをたらす

✔︎ペットがかたいものを食べない

✔︎ペットの口まわりの毛が茶色い

✔︎ペットの目の下が腫れている

✔︎ペットが前足でよく口をさわる

✔︎歯みがきをしたことがない

✔︎歯みがきの習慣がついていない

✔︎ペットの口が臭い

✔︎ペットの歯が黄色い

✔︎ペットの歯に歯石がついている

✔︎ペットの歯茎が赤い(血が出ている)

 

多くチェックに当てはまるペットは要注意です。動物病院での歯科検診をするとよいでしょう。

 

歯の状態をチェック

さっそく愛犬の歯の状態をチェックしてみましょう。

 

歯周病は4つの段階に分かれています。歯茎の内側から進行していく病気のため、初期の段階では症状があまり出ないことが多いです。そのため、症状が出た頃には病気が進行・悪化していることもあるため、症状がなくても、検診や早めの治療が必要となります。

 

まずは、ペットの歯周病がどの程度か、チェックしてみましょう。

 

レベル1  歯肉炎・歯石が薄くつく程度  危険度 1

レベル1は歯肉炎のみを発症している場合です。

この段階では見た目の変化はあまりありませんが、歯茎が少し赤い、いつもより腫れているように見える、歯の根っこ部分に薄っすらと歯石が付着しているなど、多少の変化が見られるでしょう。

 

少しでも普段とは違う症状が見られたときには動物病院で診てもらうといいでしょう。

 

レベル2 治療が必要となる「初期歯周病」 危険度 2

レベル2になると歯周病の症状が見えるようになります。

 

歯肉炎よりも症状の重い歯周炎になり歯茎は赤みや腫れが目立ち、歯茎が上に押し上げられたような状態も見られます。この状態だと、口臭もきつくなってきます。

根っこだけだった歯石は表面にも多く付着するため、治療が必要な段階です。

 

レベル3 歯茎からの出血・歯石の蓄積が見られる「中度歯周病」 危険度 3

レベル3になると、歯周病としてかなり深刻です。歯の表面は歯石でおおわれ、蓄積した歯石や歯垢によって、歯の周辺組織や歯肉の奥深いところまで炎症を起こしてしまいます。

歯垢に押し上げられた歯茎は痩せ、歯根部が露出。歯茎からの出血も見られます。

 

レベル3は歯周病の治療で抜歯せずに済む、最終状況です。早期の治療が必要です。

 

レベル4 抜歯や外科手術の可能性あり「重度歯周病」 危険度 4

歯周病菌は大量に繁殖し、歯の根っこである根尖まで菌におかされてしまいます。

歯の根っこ周辺の骨は溶け、歯茎から口の皮膚にかけてトンネルのようなものができてしまう可能性もあります。ここまで進行すると病状はかなり深刻です。

 

歯茎、歯、骨は壊れ、歯が抜け落ち、原型をとどめていないこともあります。触れただけで出血する程の強い痛みです。

 

歯周病の放置は深刻な病気を招く

レベル3、4のように歯周病菌が歯の周辺や奥深いところまでいってしまうと、最悪の場合は歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまったり、下顎の骨が折れてしまったりと、広い範囲に影響が出てしまいます。

また、歯周病が血中に流れ出すと、全身に影響を及ぼすことがあります。

 

顎の骨がもろくなる

歯周病菌の侵入が深くなると、歯だけでなく顎の骨にまで影響を与えます。顎の骨がもろくなり、ちょっとした衝撃で顎を骨折してしまうこともあります。

 

特に小型犬は歯周病が重症化により下顎の骨が骨折してしまうことも少なくないので要注意です。

 

歯根膿瘍(しこんのうよう)の破裂

歯周病菌が根深く繁殖していくと、部分的に膿が溜まります。皮膚が腫れあがり、最終的には破裂してしまうこともあります。破裂してしまうと溜まっていた膿と血液が流れ出し、痛みを伴います。この痛みとともに40度以上の発熱を引き起こすこともあります。

 

心不全/腎不全

歯周病菌が心臓や腎臓に到達することで、慢性心不全や慢性腎不全を引き起こす可能性が高くなります。

心不全とは心臓のポンプ機能が低下し、全身へ血液を送り出すのが困難な状態のことです。そして、腎不全とは腎臓が正常に働かなくなる状態のことのことを指します。

心不全や腎不全は命に関わる重大な病気です。

 

上記のような症状は、歯周病を放置することで起こります。

深刻な状況になる前にペットの異常を見つけ、治療してあげてください。

 

おすすめ歯磨きガム5選

日清ペットフード ジェーピースタイル 和の究み 歯みがきガム

853円 (税込)

保存料を使用せず、国産の米粉と豚皮を主原料に作られています。また、お腹の調子を整えるオリゴ糖を含んでいます。口の小さな小型犬でも食べやすいようにミニサイズになっていて、チワワやトイプードルの歯磨きにもオススメです。

 

ドギーマン 無添加良品アキレススティック

724円 (税込)

鳥すじ製の無添加ガムなので、牛のアレルギーがある犬にも適しています。一本のサイズはやや小さめとなっていて、少々硬めの噛み心地が特徴です。

 

ペットキッス(PETKISS) 食後の歯みがきガム 小型犬用 エコノミーパック

481円 (税込)

噛むことで歯垢を浮かして取り、歯をコーティングして綺麗にしてくれます。長く噛み続けられる食感になっているので、噛み続けることで愛犬のストレス発散も一緒に行うことができます。

 

グリニーズ プラス カロリーケア

2,932円 (税込)

グリニーズプラスは噛むことで歯垢を落とし、健康な歯にするコンセプトです。

食物アレルギーになりにくい原料を使っているので、アレルギーの心配がありません。ま米国獣医口腔衛生協議会から認定された商品で、安心です。

 

ペッツルート トラッドホワイトガム 棒型

397円 (税込)

トラッドホワイトガムは歯垢除去、イライラ解消、あごの噛む力の強化をさせることができます。噛みやすいので小型犬にもオススメです。

 

さいごに

以上が、ペットの口臭の原因と対策です。普段の生活において気にならなくても、症状が進行してしまう可能性があるので、定期的に確認したり、検診に通ったりしましょう。愛するペットのためにぜひ取り組んでみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました