bg
HOME » 原因 » 【必見】コーヒーで口が臭い!対策を徹底分析!職場、デートで注意

【必見】コーヒーで口が臭い!対策を徹底分析!職場、デートで注意

よく飲む機会のあるコーヒーですが、皆さんはその際、口臭を気にしたことはあるでしょうか?コーヒーはいい匂いである一方で、口臭の原因となることがあります。毎日飲む方も少なくないと思うので、「口が臭い!」と思われる前にこの記事を確認して、対策をとっていきましょう!

目次

コーヒーが口臭の原因となる理由

コーヒー以外のソフトドリンクは口臭の原因になる?

どうすればニオイを抑えられる?

コーヒーによる口臭を消すには?

こんなシーンに要注意

コーヒーを飲むメリット



コーヒーが口臭の原因となる理由

なぜ、コーヒーが口臭の原因になるのでしょう?理由や原因を知ることでとれる対策が変わってきます!しっかりチェックしていきましょう。

コーヒー豆の微粒子が細かい

コーヒーは、豆を焙煎して細かく粉砕しドリップして作りますが、このときコーヒー豆の微粒子がフィルターを抜けコーヒーに溶け出します。この微粒子には舌の表面に付着しやすく、舌の表面に付着すると独特な匂い(臭い)となってしまい、口臭の原因になってしまいます。

微粒子を感じないコーヒーであればよいのではなく、缶コーヒーなどでも微粒子は含まれているので、コーヒーであればほぼ口臭は発生してしまうと考えられるでしょう。

カフェインによる利尿作用

コーヒーを飲むとトイレが近くなるという経験がある人もいらっしゃると思います。これは、コーヒーに含まれるカフェインに利尿作用があるからです。

利尿作用によって、体の中の水分が減り、それと比例して、口内の唾液の量も減ってしまいます。唾液は口臭を防ぐうえでとても重要な役割を果たすものであり、多ければ口臭を防ぎやすいといってもよいほどのものです。そのため、唾液が減ってしまうと結果として、口内の食べ物のカス等を洗い流せないため、口臭を発生させてしまうことにつながります。

口内が酸性になる

コーヒーの酸味は、口内を酸性に偏らせてしまうという特徴があります。口臭の原因となる細菌が活動しやすい環境は、酸性であるといわれているため、口臭の原因となってしまいます。

胃が荒れるから

コーヒーには胃液の分泌を促すカフェインを含んでいます。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、口の中に残る糖質を分解したり、脂肪燃焼の効果があるなど、健康には良い物質とされています。しかし、空腹時にコーヒーを飲むと、これらの成分の影響により、食べ物が入っていない胃に、胃液が分泌され、胃が荒れてしまう可能性があがります。荒れた胃は働きが低下し、消化不良を引き起こしてしまいます。

その結果、口臭の原因につながることもあるでしょう。食事や水分をしっかり摂取して唾液の量を増やせば口臭は弱まるので、空腹時には軽い食べ物や水分を補給するようにしてください。

空腹のときと同様、のどが渇いているときも口の中は口臭が起こりやすい状況となります。コーヒーとは関係なく、口の中が渇いているときには唾液量が減少し菌が繁殖しやすいためです。また、緊張しているときも口内の唾液が少なくなってしまうため、緊張状態でコーヒーを飲むと、口臭の原因である菌が活発化してしまい、口臭が発生しやすくなります。

カフェインの作用

唾液には口の中の菌を分解・増殖を抑える役割があるので、唾液の分泌が十分である場合には口臭は強くなりません。しかし、コーヒーに含まれるカフェインには唾液の量を一時的に減少させる作用があります。

コーヒー以外のソフトドリンクは口臭の原因になる?

ソフトドリンクなども、同様に口臭の原因になるのでしょうか?

答えとしては、ソフトドリンクも口臭の原因となります。特に甘い飲み物は糖分を多く含むため、口臭が発生しやすくなってしまいます。糖質が多いと口腔内の唾液量が減少してしまうためです。また、エナジードリンクなどに多く含まれているカフェインによって緊張状態を引き起こし、唾液の分泌を妨げてしまうこともあります。

どうすればニオイを抑えられる?

ではどうしたらニオイ自体を抑えることができるのでしょうか?コーヒーを飲む際のひと手間で臭いを抑えることができます。確認していきましょう!

コーヒーの種類を変える

飲んでいるコーヒーの種類によって、口臭の強さが変わってきます。

苦みが強い深煎りのコーヒーは、フェノールが舌に残ることも多く、このニオイが苦手な人に不快な思いを与えてしまうかもしれません。

口臭を抑えるなら深煎りのコーヒーではなく、アメリカンコーヒーや中煎りコーヒーを選ぶと口臭を抑えることができます。

砂糖やミルクを使わない

砂糖やミルクを使っているコーヒーの方が、ブラックコーヒーよりも口臭が発生する可能性が高くなると考えられています。なぜならば、砂糖やミルクに含まれている糖分が口の中に残ると菌が繁殖し口臭のもととなるからです。ブラックコーヒーでもニオイが発生することをなくすことはできませんが、一つの口臭を抑える対策としてコーヒーを飲むならブラックにする、というのも良いアイデアです。

水分補給をする

口腔内を清潔に保ち、潤った状態を保てるように水分補給をするとよいでしょう。

コーヒーによる口臭を消すには?

コーヒーを飲んだ後にコーヒーによる口臭をある程度低減させる方法があります。「コーヒーを飲んだけど、この後デート」の時などに、是非活用してみてください!

1.水を飲む

コーヒーを飲んだ後に水を飲めば、利尿作用で奪われた水分を補給し、唾液の分泌の低下を防ぐことができます。また、舌の表面についたコーヒー豆の微粒子を洗い流せます。

そういった意味ではほかのドリンクでも代用可能ですが、砂糖が入っているようなジュースは虫歯の原因となるので避けたほうがいいでしょう。また、緑茶や紅茶はコーヒーと同様にカフェインを多量に含んでおり、利尿作用の悪影響が増してしまいます。

コーヒーの口臭対策としては水を飲むことが一番適しているのです。仕事や勉強をしながらコーヒーを飲むという方は、横にペットボトルの水を用意しておくと、独特な口臭は改善できるでしょう。

2.ガムを噛む

ガムを噛むことであごを動かせば、唾液の分泌を促すことができます。

これはカフェインの利尿作用で低下した唾液の分泌量を取り戻すことにつながり、口臭を抑える助けとなります。ただし、虫歯の原因となる場合もあるので、ガムは砂糖などが入っていないものを選びましょう。

キシリトールが配合されているガムなら、虫歯の原因や発生を防いでくれる効果もあります。口臭と虫歯予防が一度にできるので、キシリトール配合のガムを選ぶことをおすすめします。

3.マウスウォッシュを活用する

コーヒーを飲んだあとに歯みがきをすれば、においはとれると思いがちですが、コーヒーによる口臭の原因である微粒子には舌の表面に付着しやすい性質があり、歯みがきだけでは口臭を予防できません。

口臭は、舌に付着した微粒子を取り除くことが一番よい方法なので、うがいによって口の中を清潔にするマウスウォッシュは効果的です。外出のときもマウスウォッシュの小ボトルを携帯しておけば、トイレでササッと口をすすぐことができますね。

歯みがきの代わりとしても有効なので、食後に時間があまりとれないという方は特にマウスウォッシュを鞄の中に入れておくと良いでしょう。

4.舌ブラシを使用する

また、舌ブラシの活用もおすすめです。食後の歯磨きと同様、コーヒーを飲んだ後の舌磨きを習慣にすれば、コーヒーによる口臭はずいぶんと防ぐことができますよ。

舌ブラシはドラッグストアなどで購入することができますが、手元にないときはガーゼを使ってもいいです。あまり強い力でゴシゴシとこすると舌の表面にある「味蕾」という味を感じる細胞を傷つけてしまう場合があるので、力加減には注意が必要。軽くなでるように磨きましょう。

こんなシーンに要注意

ただコーヒーを飲むだけでも口臭は気にしたほうが良いですが、シーンによってはさらに口臭に影響が及ぼされることがあります。そのような状況になった時には、より口臭に注意してみてください。

コーヒーを飲みながらタバコを吸うとき

たばこに含まれるタールが喫煙後も口の中ににおいを残し、口臭の原因となります。

タールが舌や歯に付着して残ることでヤニ臭さが発生します。また、ニコチンは毛細血管を収縮させ、唾液の分泌を減らしてしまうことから、口の中が乾き口臭の発生につながります。コーヒーとタバコ、どちらも口臭を発生させ、互いに臭いを増長させてしまいます。

さらに、コーヒーは利尿作用があるため体内の水分量とともに唾液の分泌も低下させます。これによって歯や舌の表面についた、口臭の原因となるタールが増加してしまい口臭を悪化させる恐れもあります。

緊張しているとき

緊張しているとき、リラックス効果のあるコーヒーを飲んで落ち着きたいという人も多いかもしれませんが、口が渇いているときにはコーヒーよりも水やお茶がおすすめです。

まずは、お口のニオイが発生するメカニズムについて知っておきましょう。誰でも、口の中にはもともと細菌がいます。それらの菌が食べ残しのカスや、歯垢などのたんぱく質をエサとして分解・増殖します。その過程で発生するガス=揮発性硫黄化ガスが、口臭の実態です。

コーヒーを飲むメリット

よくコーヒーをお飲みになられる方も多いと思いますが、コーヒーを飲むメリットはご存知でしょうか?メリットを知った上で飲んでいけたら嬉しいですよね!

ダイエット効果がある

コーヒーのメリットとしてダイエット効果があることが挙げられます。コーヒーがダイエット効果があると言われている理由は、コーヒーに含まれているカフェインやクロロゲン酸の効果によるものです。カフェインは脂肪の分解を促進する酵素であるリパーゼを活性化する作用があります。つまり、脂肪の分解を促進することでダイエット効果につながります。

さらにカフェインは自律神経に働きかけることによって、エネルギー消費を高めてくれます。コーヒーを飲むことで、血中の脂肪酸濃度が上昇し、脂肪を燃焼しやすくなると考えられています。

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、脂肪を燃焼させてエネルギーに変換するミトコンドリアを運ぶ酵素を活性化させる働きがあるといわれています。その結果、脂質の消費を促進して体脂肪を低減させることができます。

二日酔いに効く

コーヒーには二日酔いを軽くする成分が含まれています。人が二日酔いになるのはアセトアルデヒドが体内にとどまってしまうからであり、二日酔いを改善するにはアセトアルデヒドを体外に排出する必要があります。

アセトアルデヒドによって拡張された血管をカフェインが収縮させて血液循環をスムーズにし、また利尿作用により体外に排出を促します。そのため、カフェインはアセトアルデヒドを体外に排出させるという大きな役割を果たすことができます。

また、コーヒーはアルコール中毒の治療・予防に効果的だという研究結果もあるそうです。これは、アルコールを分解する働きを担っている肝臓を、コーヒーが活性化させるためと考えられています。

リラックス効果がある

コーヒーにはリラックス効果があります。コーヒーの香りを嗅ぐと右脳の情緒部分が刺激されて、「アルファ波」というものが生じてリラックスできるのです。

実際にコーヒー、 レモン油、 レモン油などの香りを嗅いだ時にどの香りが最も脳をリラックスさせるのか調べた実験ではコーヒーが最もリラックスできる状態になったそうです。感覚的にもコーヒーを飲めばリラックスできるというのは分かる人が多いかと思います。

抗酸化物質が豊富

活性酸素は肌・脳・内臓の老化の原因であるとともにがんの発症に大きな関係があると言われています。コーヒーに含まれている抗酸化物質は、猛毒である活性酸素の働きを打ち消す作用をしてくれ、コーヒーにはその抗酸化物質が豊富に含まれています。

うつ病の予防になる

コーヒーにはうつ病を予防する作用があるとも言われています。うつ病を予防できる原因については、コーヒーに含まれる成分が「セロトニン」という神経伝達物質の分泌を促すためや、コーヒーに豊富に含まれている抗酸化物質が作用するからなどと言われています。

実際にコーヒーを1日に4杯飲んでいる人は飲まない人に比べてうつ病の発生率が1割近く低くなっているという報告もあります。働くサラリーマンにはコーヒーは必須なのかもしれません。

脳・筋肉を活性化させる

コーヒーに含まれるカフェインは、脳だけではなく全身の筋肉を活性化させたり、疲れを感じにくくする効果もあります。アデノシンがアデノシン受容体に結合すると神経が鎮静すると言われており、神経の鎮静を抑えるカフェインは、結果として神経を興奮させます。

また、この際脳からはアドレナリンが分泌されるため、脳や全身の筋肉がさらなる興奮状態となり、頭が冴えます。

消化を促進する

食後に1杯のコーヒーを飲む人も多いかと思いますがコーヒーには消化を促進する働きがあります。コーヒーを飲むと胃壁は刺激されて、消化液が分泌されることになります。消化液が分泌されることで食物消化と栄養吸収を手助けしてくれます。

消化不良を起こしやすい人などはコーヒーを飲むことで効果的に食べ物を消化することができるようになるかもしれません。食後に1杯のコーヒーが無性に飲みたくなるのはこのためかもしれません。消化の促進によって間接的に便秘の解消も期待できると言われています。

血行促進効果がある

コーヒーのメリットの中には血行を良くする効果もあります。コーヒーに含まれているカフェインとナイアシンには血液の流れを良くする効果があります。血行が良くなることには付随するメリットが色々とあります。

血行促進により、体内の代謝が良くなり体の隅々まで血液が流れるようになります。血液が隅々まで流れることで冷え性が改善され、血行不良から起こる肩こりなども改善されます。また、カフェインの血管を広げる効果と血小板の機能を抑える効果によって、血栓ができにくくなり、 動脈硬化を予防的できるとも言われています。

むくみを解消する効果がある

コーヒーには顔などのむくみを解消する効果もあります。コーヒーに含まれているカリウムがむくみの解消に役立ちます。また、カフェインには利尿作用があるので、老廃物の排出して、むくみの解消につながります。

最後に

コーヒーにはさまざまなメリットがありますが、「口が臭いな」とは思われたくないですよね!上記で記した対策などを実践し、コーヒーのメリットを存分に受けましょう!コーヒーを美味しく飲んで、素敵な日々をお過ごしください!